• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ドラミと「逃げ恥」みくりの共通点 優等生が抱える闇

2017年8月1日

優等生のドラミちゃんは、現代社会で生きづらい

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 各所で話題の本連載「もしもドラえもんの女性キャラが現代のキャリアウーマンだったら」略して「もしドラ」。今回取り上げるのは、ドラえもんの妹・ドラミちゃんです。「ドラえもん」の中ではしっかりものの優等生キャラとして描かれていますが、もしも現代のキャリアウーマンだったら、生きづらさを感じているかも……。その理由とは?

ドラミちゃんが抱える闇は、実はだれよりも深い イラスト/田中小百合

 今回は、「しずか・ジャイ子・ドラミ―あなたは誰タイプ? 診断表」で「ドラミタイプ」と判定された人向けに、そのサバイブ術を考えていきましょう。

 ドラミはドラえもんの妹です。ちょっと抜けたところもあるドラえもんと違って、なんでもソツなくこなす優等生。ドラえもんのピンチヒッターとしてのび太の面倒を見たときには、兄以上に的確な道具を出して、のび太を助けました。

 おまけに家事も得意でのび太ママにも気に入られます。真面目で、賢くて、品行方正で、いわゆる「いい子」。文句の付けどころがありません。

 しかし、悲しいことにドラミは報われません。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
稲田豊史
稲田豊史(いなだ・とよし)
編集者・ライター。キネマ旬報社を経て2013年にフリーランス。単著に「セーラームーン世代の社会論」、「ドラがたり のび太系男子と藤子・F・不二雄の時代」がある。映画関連のコラム・レビューを多数執筆するほか、雑誌「サイゾー」誌上で「オトメゴコロ乱読修行」を連載中。
【WEB】http://inadatoyoshi.com
【Twitter】@Yutaka_Kasuga
関連キーワードから記事を探す
暮らし方働き方教養・マナーエンタメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ