独身主義かと問われれば、答えはNO。「いつかは結婚したい」「機会があれば結婚したい」と思う未婚の男女は多いはず。そこで日経ウーマンオンラインでは20~30代の男女それぞれ4人ずつ集まってもらい、独身男女の結婚観について赤裸々に語ってもらいました。生き方や価値観が多様化する現代で、結婚観に男女の違いはあるのでしょうか。まずは男性座談会より、理想の結婚相手についてお届けします。

 

◆第2回→6月19日公開予定
◆第3回→6月26日公開予定

【座談会参加者プロフィール】
Aさん=37歳、コンサル。母は専業主婦。3人兄姉の末っ子。福岡出身。
Bさん=37歳、自営業。母はシングルマザー。3人兄弟の長男。東京出身。
Cさん=37歳、広告代理店。母は父の仕事をサポート。4人兄姉の次男。東京出身。
Dさん=31歳、イベント制作会社。両親は共働き。4人兄姉の末っ子。福島出身。

「いい人がいれば結婚したい」…いい人の条件とは?

――まず最初に、そもそも皆さんは「結婚したい」と思ってるんでしょうか?

Dさん したいですね。安定して一緒にいられる人がいたらいいなと思っています。

Aさん 僕もしたいです。

Bさん いい人がいれば結婚したいなと思っていますが、「誰でもいいから結婚したい」「結婚しなきゃ」という気持ちはないですね。

Cさん 僕も「いい人がいれば……」という気持ちはありますが、それくらいの気持ちでは、やっぱり結婚できないんだろうなとは思います。

「僕たちもね、いい人がいれば結婚したいとは思っているんですよ」 (C)PIXTA

――皆さん結婚願望がないわけではないんですね。では、その「いい人がいれば……」の「いい人」って、どういう女性なんでしょうか。「理想の女性」ということですか?

Cさん いや、それは違います。理想はあくまで理想であって、現実とは違う。だから「理想の人と結婚したい」というわけではないんです。