• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

WOMAN EXPO TOKYO 2017

これが簡単ヘルシーお弁当 注目素材を使う手作りのコツ(2/3)

2017年7月18日

4つの健康食材(昆布、豆腐、大麦、鮭)の魅力と生かし方を紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

現代の女性の美容と健康を支える、お豆腐と大麦のパワー

 続いての注目食材は「豆腐」。創業65年の業界最大手、相模屋食料の広報部・部長、片岡玲子さんが豆腐の持つ魅力について話しました。

相模屋食料の広報部・部長、片岡玲子さん

 「一番の栄養素としては、9つの必須アミノ酸がバランスよく含まれた良質なたんぱく質であること。そして、皆さんご存じのように、大豆イソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンと似たような働きをするため、女性の味方になってくれる代表的な成分といえるのではないでしょうか。意外と知られていないのが、カルシウムが豊富に含まれていること。カルシウムはマグネシウムとバランスを取りながら代謝調整などを助けますが、豆腐のにがり成分にマグネシウムが含まれているので、両方一緒に取れるのが魅力です。豆腐には現代女性の健康をサポートする栄養素がたくさん含まれているのです」

 日経BP総研の西沢から、豆腐についてこんな補足が。「江戸時代に『豆腐百珍』という本が出版されたように(100種類の豆腐料理を集めたレシピ本)、豆腐はどんな料理にも合う、アレンジの利く食材です。ぜひ毎日の食事に取り入れていただきたいですね」。

 3つ目の注目食材は、ここ数年、腸活食材として注目を集めている「大麦」。はくばくの山下奈々さん(同社市場戦略本部 商品戦略部 広報)が大麦の持つパワーについて話してくれました。

はくばく 市場戦略本部 商品戦略部 広報の山下奈々さん

 「大麦の魅力はなんといっても食物繊維が豊富であること。腸のケアに役立つというのが一番のポイントです。大麦は、不溶性と水溶性の両方の食物繊維がバランスよく含まれており、正常な腸機能の維持、糖の吸収を穏やかにする、コレステロールを下げる、といった機能性表示が受理された商品も出ています」。食物繊維はなんと白米の25倍、玄米の4倍もあるというから驚きです。

 おすすめの食べ方は、「ゆで大麦」。たっぷりの沸騰したお湯に大麦を入れて15分。ざるに上げて軽く水洗いすればOKとのこと。「冷凍保存しても栄養素は失われないので、使わない分はすぐ冷凍保存するといいですね。スープやヨーグルトに混ぜたり、サラダにトッピングしたり。もちもちプチプチした食感が楽しめます」。

 ごはんと一緒に炊く以外の、大麦のさまざまな食べ方についても伝授してもらいました。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康レシピ・食材ダイエット健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 6月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 6月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 5月号

毎日がラクになる片づけルール

読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ