• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

WOMAN EXPO TOKYO 2017

目立ちにくい矯正の方法も~歯列矯正のいま

2017年7月5日

【WOMAN EXPO】スマイル美人を目指そう! ~オンにもオフにもピッタリな口元の魅力アップ術、教えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 東京ミッドタウン(東京・港区)で5月20日(土)・21日(日)に開催された「WOMAN EXPO TOKYO 2017」。21日には「スマイル美人を目指そう! ~オンにもオフにもピッタリな口元の魅力アップ術、教えます。」が開催されました。会場には多くの女性が集まり、歯列矯正法について聞き入っていました。

 仕事でもプライベートでも、きれいな笑顔でよい印象を与えたいと思う女性は少なくないでしょう。本セミナーでは、医療法人社団アール理事長で青山アール矯正歯科院長の佐本博さんと、「青山アール矯正歯科 大阪院」歯科医師の上田桂子さんが登壇し、日経CNBCキャスターの榎戸教子さんの司会で、歯並びと笑顔の関係や、歯列矯正のいまについてセッションを行いました。

歯並びと笑顔は関係がある?

医療法人社団アール理事長で青山アール矯正歯科院長の佐本博さん

 2006年に日本で初めてとなるマウスピース矯正専門クリニックを開業した佐本さん。最初に、同じ人物で歯並びが良い状態と良くない状態を写真で比較し、魅力的な笑顔と歯並びが深く関係することを伝えました。

 海外の人には歯並びがとても重要なのに対し、「日本人は特に歯並びに関心がない文化」だと佐本さんは言います。「日本に住む海外の人にアンケートを取ると、75%くらいの人が日本人は歯並びが悪いと思っている」という結果もあるとのこと。

 また、歯並びは残存歯(高齢になっても残っている歯)にも関係があるといいます。80歳で20本の歯が残っている人には、歯並びがよい人が多いというデータもあるそう。

 「歯並びが悪いことによって、清掃性が悪くなります。歯並びが悪いと汚れがたまり歯肉が腫れやすくなります。汚れが歯石となって周りの骨を溶かして、将来的に歯が抜けてしまいます」(佐本さん)

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
カラダの悩み・病気健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ