• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

アラサー世代が好む「イマドキの住まいづくり」とは

2016年6月26日

展示場でインテリアのアイデアを生み出そう

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

5月21日(土)と22日(日)東京ミッドタウン(東京・港区)で行われた「WOMAN EXPO TOKYO 2016」にて、5月22日(日)に「インテリアからつくるいまどきの住まいづくり」が開催されました。

登壇する河崎由美子さん

 「WOMAN EXPO TOKYO 2016」のホール会場内に作られたオープンステージでは、子供のための住環境や収納、食空間など、生活に密着した分野の研究をしている積水ハウス 総合住宅研究所の河崎由美子さんが登壇。実際のインテリアの写真を提示しながら、インテリアからつくるイマドキの住まいづくりについて解説してくれました。

アラサー世代に人気の住まいづくり

家族と程よい距離を保てる空間づくりについて解説

 「自分らしさの表現が上手で、家族の時間や友達も大事にし、共に働く意識がすごく強い」。

 そんなアラサー世代のインテリアの志向として「あまり使わないものは処分」「自分の好きなものに囲まれたい」「赤や緑などの色をアクセントに使う」などの特徴があるそうです。

 「リビングを作るからといって、あえてソファーを置かずに床座スタイルを選択したり、カウンターキッチンの前に座の空間を作るなど、子供をいつも見ていられる空間づくりも意識されています。広くしておく方がたくさんの人も呼べるし、子供とも遊べます」。

 部屋を壁で区切るのではなく、ワンルームの空間をゆるく仕切ることで、程よい距離感と自分の居場所を作れる、と河崎さんはアドバイスしました。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
働き方暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ