• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

人生経験を仕事に生かす方法―社会に必要なことを見るために

2016年10月11日

今までやってきたことが、ぶれないビジョンとなる

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

起業家の奥田浩美さんが提案する、「会社を辞めないという選択」。会社に所属しているほうが、様々な人とつながりやすく、より大きく社会を変えられる可能性を秘めていると奥田さんは言います。あなたの強みを会社で生かすには? 会社を“使って”自分の夢をかなえるには? 書籍『会社を辞めないという選択―会社員として戦略的に生きていく』の中から、明日からすぐに仕事が好きになれる働き方を提案します。

居場所としてのお茶の間をタブレットのなかに

 前回の記事「ITと地方の高齢者をつなぐために立ち上げた事業とは」に引き続き、現在進行中のビジネスを通して感じていることをお伝えします。

 本来、ITとはコミュニケーションを豊かにするために生み出されたはずです。それなのにITの最前線に立つほんの一部の人たちだけで、社会のあり方を全部決めていく世の中になってきている。最先端の輪は狭まっていく一方で、置き去りにされていく人が増えているというのはどういうことだろう。それが許せなくて、もっと多くの人に今起こっている現象を気づかせるためにも、地方から何かを発信することに興味を持ちました。

 まずは私の両親にタブレットを贈って使い方を教えてみたら、そのやり取りを機に親との会話が飛躍的に増えて、つながりも強くなったのです。そこで東京に住む私、神奈川に住む妹とそれぞれの娘たち、そこに母も加えた6人でLINEのグループ「みっちゃん応援団」を立ち上げました。みっちゃんというのは、私の母のことです。母は、遠く離れた鹿児島で、車椅子がなければ生活できない父を介護して暮らしています。「みっちゃん応援団」は当初、私たち娘や孫が、母を励ますためのグループでした。

 ところがいざLINEグループをスタートしてみると、「都心は今、雨が降っているよ」「横浜は晴れているけど」「えー、国分寺は土砂降りだから、校舎から出てはいけないって言われているよ」といった具合に、みんなで他愛もない会話をするようになりました。そうなってみて、初めて気づいたのです。母は何も「頑張れ、頑張れ」と応援されたいわけではなく、娘や孫が会話しているのを、そばで見守っているのが一番幸せだということに。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
奥田浩美
奥田浩美(おくだ・ひろみ)
インド国立ボンベイ大学(現州立ムンバイ大学)大学院社会福祉課程修了後、1989年に国際会議の企画運営会社に入社。1991年、ITに特化したイベントサポート事業を設立。2001年にウィズグループ、2013年にたからのやまを設立。2014年より、情報処理推進機構(IPA)の未踏IT人材発掘・育成事業の審査委員を務め、若い世代の新たなチャレンジを支援している。これまでに携わったITイベントの数は300以上。数億円規模のイベントをいくつも成功に導いている。著書に『会社を辞めないという選択 会社員として戦略的に生きていく』(日経BP社)、『人生は見切り発車でうまくいく』(総合法令出版)、『ワクワクすることだけ、やればいい!』(PHP研究所)がある。
関連キーワードから記事を探す
働き方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ