• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

一般論に惑わされないで 必要なお金を知る「順番」

2017年5月31日

老後資金をすべて自分で準備しようとするから不安になる

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 将来の生活に漠然とした不安を抱いている人も少なくないはず。ファイナンシャル・ジャーナリストの竹川美奈子さんは「すべて自分で準備する必要はない」と言います。今回は、お金について考えるべき「順番」をご紹介します。

漠然と不安を抱く前に……

 先日、あるテレビ番組で「“先行き不安病”を斬る! わが家のマネー防衛」という特集が組まれていました。(今の)生活不安と、老後の年金不安のために、家計不安解消に動き出した人たちが増えている、という内容でした。番組では、家計の足しにと投資を始めた節約主婦や、リタイア後によい商品はないかと金融機関巡りをする60代後半の男性、iDeCo(個人型確定拠出年金)セミナーに参加する若い女性などが紹介されていました。

お金について勉強するなら、知るべき「順番」も押さえましょう (C)PIXTA

 このように、今の生活や将来の生活に対して不安を持つ人は多いと思います。けれど、「不安」だからといって、金融機関のセールストークにのって手数料の高い金融商品を購入してしまったり、無理に入らなくてもよい保険に加入してしまったりしていては、金融資産をふやすどころか、減らすことにもなりかねません。

 具体的な行動の前に、次の2つのことを意識してください。

その1:「モデル」や「一般論」に惑わされない

 一つ目は、モデル数値や一般論に惑わされないということです。「老後資金は3000万円必要」といった数字を目にすることがあります。でも、それってみんなに当てはまるのでしょうか。「夫婦と子ども二人」といったモデルを使って、この金額が必要というケースも同様です。

 お金に関しては一般論や平均値は当てはまりません。あなたと友人とでは、収入や支出、資産や負債が全く違います。シングルの人もいれば、既婚の人もいる。子どもがいる人もいれば、いない人もいる。いまやライフスタイルは多様化していますし、背景にある金融資産や固定資産、負債なども考慮する必要があるでしょう。

 テレビや雑誌で示される金額を見て、不安になる必要はないのです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
竹川美奈子(たけかわ・みなこ)
ファイナンシャル・ジャーナリスト/LIFE MAP,LLC 代表。「1億人の投資大賞」選定メンバー、「コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ(東京)」幹事など、投資のすそ野の拡大に取り組んでいる。「臆病な人でもうまくいく投資法-お金の悩みから解放された11人の投信投資家の話」(プレジデント社)、「一番やさしい!一番くわしい! 個人型確定拠出年金 iDeCo活用入門」(ダイヤモンド社)ほか著書多数
関連キーワードから記事を探す
マネー教養・マナー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ