• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【新連載】脱・貯金志向! お金を「ふやす」方法

2017年5月17日

将来が不安? 30代の働き女子に投資がおすすめな理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 「お金を貯めるには節約と貯金がいちばん」と思っていませんか? ファイナンシャル・ジャーナリストの竹川美奈子さんが、投資のメリットと考え方を丁寧に教えてくれます。

あなたの金融資産は貯金だけ?

 33歳というのは社会人になって10年ほどたった頃。仕事や生活に慣れてきた一方で、将来について漠然とした不安を感じて、「何らかの形でお金をふやしたい」と考え始める人も多いのではないでしょうか。

 さて、投資の話を進める前に、ちょっと考えてみてください。あなたには今、「金融資産」がどのくらいありますか?

 「金融資産」と聞いて、多くの人が預貯金を思い浮かべるかもしれません。そして、その預貯金の大部分を利息のほとんどつかない銀行の普通預金に預けているというケースがほとんどだと思います。

 これでは、お金はあまりふえませんよね。そこで今回は、お金をふやす方法について、かみくだいて見ていきましょう。

 お金をふやすには、基本的に3つの方法しかありません。「本業で稼ぐ」「支出を抑える(=上手に使う)」、そして「運用する(=計画的に貯蓄+投資をする)」です。これから将来に向けて長期的にお金を育てていくには、この3つのバランスがとても大切です。

お金をふやすには、3つの「バランス」が大切です

 お金をふやすというとまっさきに貯蓄をイメージするかもしれませんが、まずは本業でしっかり稼ぐこと。そもそも稼ぎがなければ、貯蓄や投資に回すお金をつくることができません。収入をふやす努力も必要ですし、結婚しているのなら「共働きをする」という選択肢もあるでしょう。一人の稼ぎに頼るよりも、二人で稼いだほうが失業や病気といった予期せぬ事態が起こったときのリスク分散になります。

投資は収入が多い人だけのものではない

 ただ、収入が多い人(またはご家庭)が着実にお金をふやして「資産形成」しているかといえば、必ずしもそうではありません。

 お金をふやすには「本業で稼ぐ」「支出を抑える」「運用する」の3つしかないとお話ししました。このバランスが悪いとき、多くの場合、その理由は支出にあります。

 支出については次回以降に詳しくお話ししますが、なるべく早い時期にムダな支出を抑えて、そのお金を貯蓄や投資に回す「正のスパイラル」をつくることが資産形成への近道。収入が多くても、「正のスパイラル」がつくれなければ、なかなかお金はふえません。逆に言えば、投資は収入が多い人だけのものではない、ということです。

「今使うお金」の中からムダな支出を抑えて、投資(金融資産への投資と自分への投資)に回すことで「将来の資産」をつくっていきましょう

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

Profile
竹川美奈子(たけかわ・みなこ)
ファイナンシャル・ジャーナリスト/LIFE MAP,LLC 代表。「1億人の投資大賞」選定メンバー、「コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ(東京)」幹事など、投資のすそ野の拡大に取り組んでいる。「臆病な人でもうまくいく投資法-お金の悩みから解放された11人の投信投資家の話」(プレジデント社)、「一番やさしい!一番くわしい! 個人型確定拠出年金 iDeCo活用入門」(ダイヤモンド社)ほか著書多数
関連キーワードから記事を探す
マネー

Topics

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 6月号

    特集は「心とカラダの不調を解消!疲れない!老けない人の24時間」。ウーマン読者が今一番気になるのは、「体力の衰え」と「疲れが取れないこと」。女性医師500人とカラダのプロたちが、毎日実際にやっていることを紹介。第二特集は「残高見るだけで1000万円貯蓄法」。

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 6月号

    忙しい、運動が苦手な人でも続く!5秒~できて簡単なのに効果絶大な「筋トレの新ルール」を大特集。歩くだけ、伸ばすだけ、座るだけ!日常生活で少し意識を変えるだけで、引き締まった体が手に入ります!

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 5月号

    「日経DUAL」5月号は「もしかして、わたし“毒親”予備軍?」と「使ってみた!知っておくと得 DUAL的最新便利サービス」の2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「小学生の防犯マニュアル 登下校、習い事の行き帰り」「周囲の気持ちをくみ取る『女の子脳』の子には注意」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版