• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

専業主婦をキャリアに変えられる人は○○のある人(2/3)

2018年5月16日

「ブランク人材」のメリット、再就職に必須の主婦のスキル

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

再キャリアスタートに必要なのは「○○力」

 では、実際にキャリア人材として採用されやすい元・専業主婦はどのような人なのでしょうか。

 「当然ながら、パートなどでもいいので、できるだけブランク期間の少ない人、あとはコミュニケーション力の高い人、高い専門性のある人、ワード、エクセルほか基本的なビジネススキルがある人などが採用されやすいという傾向はあります」(Waris小崎さん)。

 しかし、それよりも重要なものがあるとWaris小崎さんは話します。それは、「決断力」。「一番大切なのは『私は働く』と心に決めて、一歩を踏み出す決断ができることです」。

 退職してからブランクがあると「自分に務まるだろうか」「上司、同僚とうまくやっていけるだろうか」などと不安になるものですが、勇気を出して飛び込む覚悟を持った人がやはり強い。「慣れるまでは大変ですが、あまり昔の経験にこだわったりせず、年上年下関係なく『教えてください』と周囲の人たちから学ぼうとする姿勢があれば、受け入れられやすいと思います」(Waris小崎さん)。

 また、これまで家事、育児を全面的にひきうけてきた専業主婦の場合、家族からの理解、協力が得られない、という理由で決断できない人も多いといいます。

 「パートナーから反対されるだけでなく、義理の母からの『義理母ブロック』が入って断念するケースもあるようです。『家事、育児は今まで通りやって、そのスキマ時間で働こう』といった姿勢ではキャリアアップは見込めません」(Waris小崎さん)。本格的に働く覚悟を家族にもしっかり伝え、家事、育児の分担を見直したり、場合によっては外部サービスに頼るなどの「決断」が求められそうです。

ブランクがあっても活躍できる人の共通点

 今回、取材して見えてきたのは、専業主婦となりキャリアにブランク期間があっても活躍し、ステップアップしていける人が持つある共通点。

 それは、「ブランク期間をブランクにしないマインド」だ。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
就職・転職働き方コミュニケーション術お仕事術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 6月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 6月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 5月号

毎日がラクになる片づけルール

読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ