• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

意外と知らない美白の最新ケア 専門家が教えます

2017年5月18日

ただ肌を白くするだけじゃない 美白の最新アプローチ4つ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

こんにちは。ビューティサイエンティストの岡部美代治です。前回からスタートした30代からの美白特集。本格的なシミがまだ現れていないアラサー世代は、美白を始める最もいい時。今回は、美白ケアの効果的な方法を解説していきます

最新の美白へのアプローチ法は4つあります (C) PIXTA

美白のアプローチ「4つの柱」を理解しよう

 まず美白とは何を目指すものなのか、説明したいと思います。美白のアプローチは大きく分けて4つです。

(1)環境要因のプロテクト

 大きく分けて、太陽光線と大気汚染の2つです。

太陽光線…UV-A、UV-B。シミの原因の多くを占める。日焼け止めでブロックすることが最も重要。

大気汚染…PM2.5など、大気中の物質にも肌ダメージを与えるものがある。

 こうした環境ストレスに着目した日焼け止めや日中用美容液も登場している。

(2)メラニンケア

 メラニン合成を抑制し、メラニン分解を促進すること。

メラニンとは?
表皮の一番下(基底層)にあるメラノサイトで作られる色素で、肌色を決める要素の一つ。紫外線に当たるとメラニンを作って肌が黒くなるのは、紫外線から肌を守るための防御反応です。

皮膚構造と肌色に見えるしくみ(岡部美代治ビューティサイエンスセミナー資料より)

 メラニンができても、皮膚のターンオーバーによって分解されて押し上げられ、最後は垢となって剥がれて元の肌色に戻りますが、大量に紫外線を浴びた後や、加齢、刺激などによって、メラニン生成が増えてターンオーバーが追いつかなくなると、シミやそばかすが現れます

 メラノサイトに働きかける美白化粧品で、作り過ぎのメラニン合成を抑えて分解を促進し、メラニンが増えるのを抑制しましょう。

 ちなみに、その人のもともとの肌色は、紫外線や摩擦の影響を受けない「おなか」の色だといわれます。自分がもともと持っている基本レベルまで戻すのが美白です。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
スキンケア健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ