東京都・江戸川区に「日本一明るい会計事務所がある」と聞き、やってきたのは西葛西駅からほど近いオフィスビル。なんでも親孝行が“業務命令”の会計事務所があるらしいのです。税理士法人 古田土会計が実施している「親孝行制度」とは一体どんな制度なのか? 編集部が潜入取材してきました。

 エレベーターを降り、まず目に入ったのは「日本中の中小企業を元気にします!」という看板が掲げられたエントランスです。入り口を抜けると、オフィスの隅々から「いらっしゃいませ! こんにちは!」と張りのある挨拶の声が次々と。席に座っていた社員の皆さんが、一様に仕事の手を止め、立ち上がり、笑顔を向けてくれています。思いもよらぬ“大歓迎ムード”に目が覚めるような思い。こちらまで背筋がシャン! と伸び、すがすがしい気持ちになります。

 奥のミーティングルームに通される途中の壁には、福利厚生のディズニーリゾート研修旅行や表彰社員の笑顔の写真など、活気あふれる職場の様子がよくわかる写真が一面に貼られていて……おや? これはいったい何の写真でしょうか。

 どう見ても一般家庭住宅の和室の中で正座でおじぎをしている女性、その姿を感極まった表情で見つめる40~50代くらいのご夫婦。花束を手にした女性と、息子らしい男性が頬を寄せて笑顔を向けるツーショット写真もあります。

 不思議そうに眺める取材陣に気づいた社員の方が声をかけてくださいました。「気づいていただいてありがとうございます。こちらは、私たちが今年実践した“親孝行制度”の証拠写真なんです!」 ――親孝行制度? 証拠写真? 早速、聞き取り開始です。

フロアには「今日も元気に笑顔と笑声で挨拶しよう!」の文字が