人の幸せはお金を持っているかそうでないかで決まるの? さまざまな働く女性たちのお金についての悩みの中身をのぞいてみると、本当の幸せが見えてくるかも。新連載「マネーアドバイザーは見た!」では、貯金や家計などのお金にまつわる相談を受けるファイナンシャルプランナーの高山一恵さんが、これまで出会った波瀾(はらん)万丈な女性を紹介していきます。今回のお客様は、老後不安故に30代で既に貯蓄が1000万円に達しているのに、人生が楽しみを見いだせない女性です。彼女の不安は消えるのでしょうか……?

今回のお客様:口癖は「毎日が消化試合」という山崎さん イラスト/北村みなみ
山崎みのりさん(仮名) 32歳 一般事務OL
年収300万円 実家暮らし
長所 自己流で磨いたお料理の腕はプロ級
短所 コミュニケーションが苦手

いくらお金をためても「老後不安」が消えない

 はじめまして! ファイナンシャルプランナーの高山一恵です。マネーに関するアドバイザーとして、日々皆さんのお金の悩みの相談相手になり、アドバイスをしています。

 私のお客様の特徴は、働く女性が多いこと。この連載では、働く女性の悩みを通じて、「幸せな生活ってなんだろう?」と考えていただけたらと思っています。

 さて、今回の相談者は、都内の一般企業で事務職として働いている山崎みのりさん、32歳。

 彼女のお悩みは、「お金はためているけれど、老後が不安」ということでした。

 みのりさんの年収は300万円くらいですが、就職してからずっと月10万円をコツコツ定期預金しており、貯金は既に1000万円に達していました。これは、実家住まいであることに加え、節約上手だったから。

 仕事帰りや土日はもっぱら図書館に通うのがみのりさんの楽しみ。雑誌や本を読むだけではなく、食費を毎月予算の範囲内に収めるため、節約レシピをチェックしてはスクラップブックに保存していました。

 また、金券ショップやポイントをフル活用し、生活必需品はそれらですべて購入。化粧品に至っては手作りでした。お得な技を使いつつ、無駄のない生活をしていたため、お金はたまる一方だったのです。

 このまま順調にためていけば、みのりさんの貯金は、定年時には預金だけで5000万円に達する計算になります。

 それなのに、彼女はいったい何が不安だったのでしょうか?