• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

女子ってめんどくさい?

女性同士の嫉妬から抜け出す 心がラクになる処世術

2018年4月11日

渦巻く嫉妬に苦しめられないためにはどうしたらいい?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 学生時代は成績や周囲からの人気度、社会人になれば勤務先にキャリア……たとえ仲の良い友達であっても、女性は時として嫉妬心にさいなまれることもあります。「嫉妬」に関する読者アンケートを紹介しつつ、その解決法を精神科医の水島広子さんに伺います。

女性の嫉妬はけっこう根深い

 「嫉妬」という字はどちらも女偏の漢字。それほど女性と嫉妬は切っても切れない関係にあるのでしょうか。日経ウーマンオンライン上で「女性同士の嫉妬にはどのようなものがあるか」を尋ね、その解決法を精神科医の水島広子さんに伺いました。

【調査概要】
◎日経ウーマンオンライン上で読者を対象に実施
◎調査機関:2017年2月7日(水)~2月28日(水)
◎有効回答者数:256人
女性同士の嫉妬にはどのようなものがあると思いますか。

 やはりパッと見て目に入るからでしょうか、「容姿やスタイル」がトップに挙げられました。さらに「上司や社内での評判」はもちろんのこと、「彼氏(夫)の有無」だけではなく、「彼氏(夫)の肩書きや収入などのスペック」も気になるし、「育った環境」や「学歴」「交友関係」とキリがありません。

 「その他」の回答では「現在の生活レベル」「社内での飲み会に誘われるかどうか」「子どもがいれば、子どもの学歴や部活での大会成績」といった意見もありました。

 確かに他人のこうした部分が目に付くときもありますが、これでは女性はどんな環境にいても、何歳になっても嫉妬に悩まされることになってしまいます。水島さん、どうしたらよいのでしょうか?

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
人間関係の悩みコミュニケーション術メンタルヘルス教養・マナー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 7月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 7月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 6月号

毎日がラクになる片づけルール

読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ