• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

洗い過ぎは乾燥の原因に 大人のマイルド洗顔アイテム(3/3)

2017年12月7日

大人のマイルド洗顔術 摩擦は厳禁 コツは「点」で洗うこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

赤ちゃんでも使える固形石けん

 さて、肌荒れが気になるという敏感肌男子が増えていると、以前、お話ししたと思います。冬場は夏に比べそんなに汚れないとはいえ、顔を洗わないわけにはいきません。そんなときはアベンヌの「リッチ ウオッシュバー」をどうぞ。フランスの温泉水とミツロウがたっぷりと配合されている固形石けんです。固形のいいところは、何しろ泡立てやすいところ。そして顔だけではなく全身使えるのも便利ですよね。さらに生後3カ月以上の赤ちゃんから大人まで使え、その優しさにも定評があります。冬の乾燥が厳しい折、こういう石けんでいたわるのも大切です。

アベンヌ リッチ ウオッシュバー 100g 1500円(編集部調べ)

皮膚科医監修のピーリング石けん

 そして最後に、ニキビに悩む脂性肌な方にはドクターカハダの「カハダ G1ソープ」がいいでしょう。こちらはグリコール酸1%とサリチル酸を配合したピーリング石けんで、これも皮膚科医が監修したアイテム。患者さんに出していた石けんが評判を呼び、製品化されました。凹凸のあるニキビ跡に悩んでいる方にぴったりです。

 ここで紹介した石けんは初心者向けの1%と濃度が最も低いものですが、他にも配合率が4%と7%の濃度の濃いものもあり、使い慣れている人にはそちらでもOK。ちなみにボクはちょっとぜいたくな使い方ですが、顔ではなく、背中や二の腕のポツポツが気になるところに使ったりもしています。

ドクターカハダ カハダ G1ソープ 80g 1890円(税込)

 洗顔は基本的に1日2回。1年で700回以上も行うスキンケアです。正しい方法で行わなければ、積み重ねで重大なダメージを与えてしまうことにもなります。洗い過ぎによって、必要な潤いや皮脂までも取り去ってしまわないように、ケアに不慣れな男性に適切な洗顔料を贈りましょう。そのときは前述した洗顔のコツも一緒に伝えてあげると、男性はまさに「目からうろこが落ちる」ように洗顔を見直すようになるはずですよ。

文/藤村岳 写真/PIXTA

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

もっと見る

Profile
藤村岳
藤村岳(ふじむら・がく)
男性美容研究家。編集者を経て独立。シェービングを中心に独自の理論を打ち立て、男性美容のパイオニアとして活動。テレビ出演の他、講演、コスメ開発やマーケティングなども行う。スパ・エステについても造詣が深い。著書に新刊「一流の男はなぜ爪を手入れするのか?」(宝島社)、「男の身だしなみ100の基本」(エイ出版社)がある。公式サイト・男性美容研究所インスタグラム
関連キーワードから記事を探す
お買い物・節約術スキンケア

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ