• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

女性のデリケートゾーン事情 「放置派」が多数の理由

2017年11月21日

気になりつつも……相談しにくいデリケートゾーン問題

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 温泉やビーチに出掛けるとき、特に気になるデリケートゾーンのお手入れ。その反面、友人同士でも何となく聞きづらく、誰に相談してよいか分からない問題でもあります。女性たちのデリケートゾーンにまつわる悩みからケア方法まで、アンケートを基に紹介します。

【アンケート概要】
◎医療脱毛専門院「リゼクリニック」調べ
◎「デリケートゾーン」と「アンダーヘア」に関する調査
◎調査対象:都内在住の20~40代の女性330人
◎調査期間:2017年10月20日~10月21日

デリケートゾーンのトラブル1位は「はみ出るムダ毛」

「悩ましいけど相談しにくいし…」と問題を放置していませんか (C) PIXTA

 水着になったり、海へ出掛けたりする季節も終わり、すっかり秋も深まってきました。そうなると忘れがちなのが、デリケートゾーンのケア。いつの間にか野放しに……という人も多いのではないでしょうか。

 「デリケートゾーンのトラブル」について尋ねてみると、トップは「衣服からアンダーヘアがはみ出る」の43.9%。ショートパンツや水着を着用する場合には特に気になります。下着から毛先が出てしまうことも悩ましいですね。

 2位以下には、「デリケートゾーンの蒸れ」41.8%、「アンダーヘアによるかゆみ、かぶれ」39.1%、「おりもの」33.6%、「経血の漏れ」32.1%、「デリケートゾーンのニオイ」29.4%――といった、衛生面・健康面の問題が続きました。中には深刻な「性病」4.2%という声もありました。

 デリケートゾーンは常に衣類や下着に覆われているので通気性が悪く、トラブルが多発しているようです。また、女性は月に一度は生理があるため、そのときに不快感を抱く人が多いようです。

 では、こうしたトラブルに対してどんなケアをしているかを聞いてみると……。

 なんと最多だったのは、「特別なケアは何もしていない」の72.1%。2位の「脱毛をしている」18.2%とは、かなりの開きがあります。

 3位以下は「専用の石鹸を使用している」4.8%、「化粧水・乳液等で保湿をしている」3.9%、「ウェットシートを使用している」3.6%、「黒ずみ対策のクリーム等を使用している」1.2%と、ごく少数派でした。

 もしかしたら、気になりつつも対処が面倒臭い、恥ずかしくて病院や脱毛クリニックにも行きづらい……といった事情があるのかもしれません。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
スキンケアカラダの悩み・病気

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ