• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

不足しがちな食物繊維 「ちょい足し」の習慣で快腸(4/4)

2017年10月19日

忙しい毎日に食物繊維を取る 「繊活」のヒント

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

食物繊維不足の今、和食が大事な理由

 岸村さんがズボラレシピコンテストのテーマに「和食」を加えたのは、日本古来の食材に食物繊維が豊富だからだそう。表彰状を授与した農林水産省 食料産業局 食文化・市場開拓課長の西経子さんは、健やかに長生きする秘訣は和食にあると話しました。

農林水産省の西経子さん

 「今回の入賞レシピも、とろろ昆布やひじき、そしてご飯物に汁物がありました。和食はご飯、お菜、汁物で、一度で多様な食材をバランスよく取れる食事です。しかも日本人にとって和食は、いつもの食卓でちょっとした伝統文化に触れられる貴重な機会。サツマイモやエノキなど、秋の食材を食べれば日本の四季の移り変わりを感じることもできます」(西さん)

 毎日たった1分でも丁寧に食と向き合うことで、何気ない生活が充実した日々に変わります。食の総合コンサルタントである小倉朋子さんは、時間がないときほどあえて食と向き合っているとのこと。

 「『まいっか』という食べ方をするとやがて『まいっか』という人生になってしまいます。食材を扱ったり料理を食べたりするのは短時間かもしれませんが、自分を振り返る時間は癒やしのひとときになりますよ」(小倉さん)

 家事や仕事に追われているとついつい「満腹になればいいや」と手を抜きがちな食事。食物繊維が豊富な食材は、簡単に使えて味もぐっと良くなる便利なものばかりです。毎日の生活も食卓も、少しずつ自分に優しいものに変えてみませんか?

文/華井由利奈 写真/大人のダイエット研究所、編集部

修正履歴:登壇者の肩書を一部修正しました(2017年10月22日)

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康レシピ・食材ダイエット

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ