• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

働く女性のキレイ習慣

みんなのムダ毛事情 将来の介護を見据えた脱毛も(2/5)

2018年4月6日

セルフケア? サロンで脱毛派?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

セルフ処理の場合は乾燥などの悩みも

 セルフ処理している人たちにケアの悩みがあるか尋ねたところ、約7割が「悩みがある」と回答。特に30代までの8割近くが「悩みがある」と答えました。肌荒れや炎症、かゆみ、色素沈着といった肌トラブルや、「面倒臭い」「すぐに生えてくる」「きれいに処理できない」「そり残しがある」など内容もさまざまでした。

「カミソリや毛抜きだと肌が荒れてぶつぶつができてしまう。除毛剤でも、1回で完全に除毛しきることができず、日を分けて処理しているので手間がかかって面倒」(29歳、独身、パート・アルバイト)

「そったところが色素沈着していて、わきを人前にさらすのが嫌だ」(34歳、既婚、子あり、フルタイム)

「体毛が濃いほうなので処理を怠れない。肌が白いので、そった後に青く見えてしまう」(26歳、独身、フルタイム)

「めんどくさい。背中など処理しにくいところが特に面倒。処理し忘れて「あ」ってなるときがある(笑)」(31歳、独身、フルタイム)

セルフ派はどのゾーンを処理してる?

 普段からムダ毛をセルフ処理(部分的含む)している人たちに、処理頻度を箇所別に尋ねました。週1回以上は処理している「気になるゾーン」は「口まわりなど顔の産毛」が約6割で最も多く、次いで「わき」が約5割。「デリケートゾーン」は最も処理頻度が低く、4割以上が「自己処理はしていない」と回答。裏を返すと、半数以上が何らか処理をしていることが明らかになりました。

どこを自己処理してる?
顔のうぶ毛とわきのケアを頻繁に行っているようです

 年代別に集計すると、全体的に若い人たちほど処理頻度が高く、肘下やデリケートゾーンは30代と40代で大きな開きがあるようです。

ケアグッズの基本はカミソリ

 セルフ処理に使う「ケアグッズ」を箇所別に尋ねたところ、全体を通してカミソリが最も多い傾向でした。わきや口まわりなど顔の産毛は電気シェーバーや毛抜き、ピンセットを使う人も多いようです。

どんなグッズを使ってセルフ処理している?(わき、膝下、デリケートゾーン、口まわりなど顔の産毛)
デリケートゾーン以外はカミソリを使用する傾向

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
スキンケアカラダの悩み・病気

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 8月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 8月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 7月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ