• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

働く女性の生活向上委員会

高くても食べたい…野菜メニュー、みんなどうしてる?(3/4)

2018年1月12日

「カット野菜」が食卓に定着 トレンドは「ミールキット」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

カット野菜は適量、手ごろ、時間の節約に

 カット野菜は、サラダ用の刻み野菜や、味噌汁・鍋の具材など、さまざまな種類が販売されています。カット野菜は、どのような理由で選ばれているのでしょうか。

カット野菜を買った理由(複数回答、カット野菜購入者n=221)

 カット野菜の購入理由については、1位「一度に使う量がちょうどいい・使い切れる」(52.5%)が最も多く、次いで「料理の時間が節約できる」(39.4%)、「値段が手ごろ」(36.2%)となりました。

 一方で「生鮮野菜の値段より安かった」という回答も24.9%ありました。大勢の消費者が利便性に加えてリーズナブルであるかどうかも重視しているようです。賢く野菜を取り入れようとする女性の創意工夫がカット野菜の導入にも表れています。

カット野菜を購入したことがある?(n=310)

 また、カット野菜の購入経験を聞いたところ、71.3%が「ある」と回答。2016年は73.2%、2015年は75.8%と、3年連続で7割以上の人が「購入経験がある」と回答しており、野菜の購入方法として定着していることが分かりました。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康レシピ・食材ダイエット

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 2月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 2月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 1月号

まんが 一生お金に困らない!お金がどんどん増える本

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ