• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

幸せアピール? 子どもの写真をSNSに投稿するワケ

2017年6月29日

犬山紙子「私の場合、ママになったら友達が増えた」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 今年お子さんが誕生し、ママとなった犬山さん。結婚・出産を経た今、新たな交友関係の築き方を発見したそうで……。

連載のバックナンバーはこちらから ⇒ 犬山紙子のあたまのなか

「子どもが生まれ、交友関係はむしろ増えました」

――14年に結婚、今年1月に第一子誕生と、ここ数年で大きくライフステージが変化されたかと思いますが、それによって交友関係にも変化はありましたか?

 私は結婚後も仕事を続けていたので大きな変化はあまりなかったのですが、男性とはより付き合いやすくなりました。お互いを全く恋愛対象として見なくていい、考えなくていいというのは本当に楽なので。それまでも、男友達を意識することは別になかったけれど、解放された感じがすごくあって。これは、世の中にある「結婚プレッシャー」からの解放だった気がします。それだけ、世の中の結婚しないことへのプレッシャーがすごいのかと思いました。そんなものなくなればいいんですがね。

 男友達とは、夫も一緒にモンハンをやったりしていて、私・犬山と旦那・劔(つるぎ)で「いぬつる」と夫婦で認識されています。

 あとは、ライフステージが変わることで新たな友人や繋がりができた気がします。

――結婚・出産するとなんとなく交友関係が限定的になるような気がしていたので、それは意外です!

 夫が束縛するタイプだったリ、「妻とはこうあらねば」みたいに厳しく律するタイプの方だったりしたら、限定的になっていくかもしれませんね。

 あと、出産をきっかけに仕事を辞めた人は、どうしても一旦は自分の世界が小さくなってしまったと感じるかもしれません。あるいは、子どもを預けられない環境の人も、社会との接点の少なさを感じてしまいがちです。

 でも今は、SNSを使ってうまく外の世界とつながれるんですよね。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
犬山紙子
犬山紙子(いぬやま・かみこ)
イラストエッセイスト。トホホな生態を持つ美女たちを描いた『負け美女 ルックスが仇になる』でデビュー。多くの女性から「私の周りにも負け美女がいます!」との声が上がり、共感を得て話題に。SPA!やananなどにも連載を持ち、テレビやラジオなどにコメンテーターとしても出演中。近著は『 私、子ども欲しいかもしれない。
Twitter:inuningen、公式ブログ:酒と泪と女と犬
関連キーワードから記事を探す
人間関係の悩み暮らし方恋愛・結婚

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ