• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

女子会は○○と言い換えよ マウンティング防止策とは

2017年6月22日

犬山紙子「女友達への好意は全面に出してみて」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 気の進まない女子会に、なぜか起こってしまう友人同士のマウンティング……。そんな女友達ならではの「あるあるお悩み」に対し、犬山紙子さんがズバリ解決法を提示してくれました。

連載のバックナンバーはこちらから ⇒ 犬山紙子のあたまのなか

――「東京タラレバ娘」の影響もあり、近ごろ「女子会」の功罪について考えてしまいます。

「私は女子会という言葉を言い換える時もあります」

 好きな友達と会うこと自体は、功罪どころか、心の安定に良いものだと思っていますし、必要なことだと思っています。でも「女子会」に疲れたり疑問を持ったりしている人もいるわけで。

 それは「女子会」ってラベル付けが一因なのかなと思います。若い女性を集客するために飲食店が生み出した単なる造語のはずが、当事者である女性がそれに振り回されてしまっているような気がするんです。

 こんな名称が付く前は飲みたいときに適当に飲むだけだったのに、「女子会」って名前が付いたことで、キラキラと着飾って三角形のグラスでシャンパン飲みながら恋バナする、もしくは、居酒屋で女たちで自虐&クダを巻く……のどちらかのイメージが根付いてしまった。

 このスタイルが悪いわけではないんです。でも、なぜかそのイメージに合わせなきゃという心理が働いてしまう人が多い。SNS映えするメシを食って恋愛縛りの会話で毎回飲むなんて、間違いなくしんどいに決まってますよ(笑)。居酒屋での気さくな飲み会も、なぜか「女子会」というだけで、アラサー自虐キャラのポジショントークになって……。恋バナなんか、どんどんみんなネタもなくなるし。イメージに自分たちで合わせにいこうとしたから皆疲れてしまったんだと思います。

 また、言葉ができたことで「今度女子会しよー」と誘いやすくなったぶん「そんなにこの人とは会いたくない……」という側が断るのが大変になったというのもあると思います。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
犬山紙子
犬山紙子(いぬやま・かみこ)
イラストエッセイスト。トホホな生態を持つ美女たちを描いた『負け美女 ルックスが仇になる』でデビュー。多くの女性から「私の周りにも負け美女がいます!」との声が上がり、共感を得て話題に。SPA!やananなどにも連載を持ち、テレビやラジオなどにコメンテーターとしても出演中。近著は『 私、子ども欲しいかもしれない。
Twitter:inuningen、公式ブログ:酒と泪と女と犬
関連キーワードから記事を探す
人間関係の悩みコミュニケーション術恋愛・結婚

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ