• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

30代から親友をつくる方法―家族のような友情の築き方

2017年6月1日

犬山紙子「34歳で、新しく家族のような友人ができた」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 「負け美女」をはじめ、女友達にまつわる著書も多い犬山紙子さん。しかし意外なことに、20代半ばまでは、女友達が欲しいのに全然いない状況だったそう。そんな犬山さんに、「アラサー的・親友の心得」を聞きました。

*連載のバックナンバーはこちらから ⇒ 犬山紙子のあたまのなか

――犬山さんっていつも明るくて元気でサバっとしていて、同性からものすごい好かれるんだろうなって思うんです。それに引き換え友達が少ない自分は、犬山さんが羨ましくてまぶしくて……。

 サバっとなんか全くしてませんよ(笑)。それに、私も27~28歳くらいまでは女友達が欲しくて欲しくて仕方ないのに、なかなかできなかったんです。今となっては当時どうしてきちんと友情が築けなかったのか、原因はハッキリしています。それは、私の「邪念」のせいでして……。

邪念があったら、そりゃ友情なんか生まれない イラスト/犬山紙子

 20代の頃の私は、女友達だけでなくすべてに飢えていたんです。仕事にも、男にも、自己顕示欲の発散の場にも飢えていて。それらがごっちゃになってしまい、純粋に友情を楽しんでいなかった。

 さらにそのとき、自分がどんなタイプの女性と合うのか分かっていなかったのもあって、「とにかく変わっている人なら好き!」って勘違いしていたんですよ。変わっている人にもいろんなタイプがいるのに、ひとまとめにして「好き」って、そんなわけがないのに、失礼な話です。

 だから、「あれ? この人とは全然合わないぞ?」と思っても「でもエキセントリックな人だから私はこの人を好きなはず」って無理して。無理してまで友達になりたいって、「この人と一緒にいたら自分もエキセントリックな人の一員になれるのでは」って期待が無意識にあったと思うんです。

 相手も、そんな邪念のある女、嫌ですよねえ。そりゃ友情なんか生まれませんよ。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
犬山紙子
犬山紙子(いぬやま・かみこ)
イラストエッセイスト。トホホな生態を持つ美女たちを描いた『負け美女 ルックスが仇になる』でデビュー。多くの女性から「私の周りにも負け美女がいます!」との声が上がり、共感を得て話題に。SPA!やananなどにも連載を持ち、テレビやラジオなどにコメンテーターとしても出演中。近著は『 私、子ども欲しいかもしれない。
Twitter:inuningen、公式ブログ:酒と泪と女と犬
関連キーワードから記事を探す
人間関係の悩み恋愛・結婚

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ