• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

初対面の緊張が一気にほぐれる「上から目線」の法則

2017年4月12日

誰とでも付き合えるけど、なぜか疲れるワケは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

なぜ「隠れ人見知り」になってしまうのか? いまだに人見知りが抜けない産業カウンセラー兼「超ビビりインタビュアー」が心理学と長年の取材経験から編み出した対処法をお届けします。

そもそも「隠れ人見知り」になってしまう原因とは?

 連載第2回目の今回は、人当たりはいいのに初対面の相手や誰も知らないアウェーの場に弱い「隠れ人見知りさん」のために、初対面の場を制する(リラックスして相手と会話できる)ための秘策をご紹介します。

 そこでまずは、隠れ人見知りさんに共通して見られる傾向についてお伝えしたいと思いますが、どんな共通項があるかといいますと、「他人にどう見られるかを気にする」ということです。

 初対面の相手に会う際や誰も知らないアウェーの場所に行くときに、「私、ちゃんと話せるかな? 相手から反応してもらえるかな?」「変だと思われないかな(浮いてないかな)?」「好感を持ってもらえるかな?」などなど、「他人からどう見られているか?」を意識し過ぎてしまうのです。

 だからこそ、なるべく相手に感じよく受け取ってもらおうと接してきた結果、「人当たりがよい」性質が築かれていきます。それはいい意味で捉えると「社会性が高い」ともいえるのですが、内心では相手にどう思われるか、少々ビクビク、顔色うかがい気味なので、「初」の場面でぎこちなくなってしまったり、疲労感がドっと押し寄せたりすることも。

誰とでも感じよく付き合えるけれど、実はちょっと、疲れてない? (C) PIXTA

 「他人にどう見られるかを気にする」ことは決して悪いことではないのですが、スタンスが常に「相手軸」になっているため、相手の反応、顔色に振り回されがちです。それでは自分の心身に負担がかかりますし、本来の魅力が伝わりにくくなってしまいます。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
望月まろん
望月まろん(もちづき・まろん)
文筆家(エッセイスト&インタビュアー)、産業カウンセラー。人材派遣会社を経て、日経ホーム出版社(現・日経BP社)で就職情報誌の編集に携わる。2001年に独立後、雑誌、書籍などで様々な業界で働く人に仕事観や人生観を1000人以上にインタビュー。「働く人の心の悩み」にも寄り添うべく、産業カウンセラーの資格も取得した。公式サイトはこちら
関連キーワードから記事を探す
コミュニケーション術人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 5月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 5月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 4月号

なぜか好かれる人の1日5分の新習慣

読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ