• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

人の年収は知るべからず 格差社会の人付き合いお作法

2016年12月28日

トランプ大統領を生んだ経済格差から考える豊かさと幸福度

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 トランプ氏が次期大統領になった背景には、「経済格差」があります。

 2008年リーマンショックから2014年の間に、アメリカ国内の富裕層は所得水準が上昇しましたが、一方で、中間層や低所得者層の所得水準は平均的に低下しました。「なぜ、私たちの生活はよくならないのだ」と不満を持った層が、トランプ氏に票を入れたと分析されています。トランプ次期大統領誕生をきっかけに、経済格差という言葉が更に聞かれるようになりました。「大格差時代だなぁ」と感じる人は少なくないかもしれません。

経済格差 実は世界では縮小傾向にある?(C)PIXTA

 でも、トランプ次期大統領を誕生させた背景はこれだけではないと、私は考えています。

世界レベルでは経済格差はむしろ縮小

 実は、世界レベルでは経済格差はむしろ縮小しています。例えば、中国やインドといった新興国は、急激な経済成長を遂げています。IMFのデータで、国ごとの物価の違いを調整した一人当たりの経済力(GDP)を見ると、中国は2000年から16年間で5.3倍に増えています。中国とアメリカのそれを比べると、2000年に「1対12.5」だった倍率が2016年には、「1対3.7(!)」まで縮小しているのです。

 経済のグローバル化に伴って、新興国では所得水準が大幅に上がっていますが、アメリカ、ヨーロッパなどではそれほどの勢いはありません。

 「“発展途上国”でしかなかった国々がどんどん豊かになっているのに、なぜ私たちの生活は豊かになっていないんだ!」と考える先進国の層が増えてきているのではないかと私は考えています。

 そんな背景もあってか、アメリカをはじめ、ヨーロッパの各国では内向き論調にあるようです。新興国を儲けさせるのでなく、自国をもっと豊かにしようぜ!と…。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
崔真淑(さい・ますみ)
崔真淑(さい・ますみ)
マクロエコノミスト。Good News and Companies代表。昭和女子大学現代ビジネス研究所研究員。化粧品会社エイボン・プロダクツ社外取締役。1983年生まれ。神戸大学経済学部、一橋大学大学院(ICS)卒業。大和証券SMBC金融証券研究所(現:大和証券)では株式アナリストとして活動し、最年少女性アナリストとして株式解説者に抜擢される。2012年に独立。経済学を軸にニュース・資本市場解説をメディアや大学等で行う。若年層の経済・金融リテラシー向上をミッションに掲げる。公式ホームページ
関連キーワードから記事を探す
マネーコミュニケーション術教養・マナー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ