• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

アラサーの年金どうなる? 長生き世代がすべきこと

2016年12月14日

健康に長生きできてしまう世代 年金制度改革に翻弄されないために

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 年金制度改革関連法案が、12月2日に参議院で審議されました。これは、年金支給額のルールを改定していこうというものです。具体的には、何がどう変わるのでしょうか。

年金をめぐって、何がどう変わった?

 年金支給額は、年金を支えている現役世代の平均的な賃金動向と、世の中の物価の変動に合わせて増減する仕組みになっています。これまでは、現役世代の賃金が下がっても、年金の減額はありませんでした。今回の改定では、物価動向に関係なく現役世代の賃金が下がれば、年金支給額が減額する方向で調整されています。これまでそうならなかったことが不思議なぐらいなのですが…。

 既に年金を受給している世代は、実質的に年金支給額が少なくなるケースも出てくるでしょうし、生活が厳しくなるという方がさらに増える可能性もあります。また、私たちが実際に受け取る世代になるころには、さらに支給額が減る仕組みに変わっているかもしれません。

私たちが年金をもらうころには、どうなっているんだろう… (C)PIXTA

 私はエコノミストとして、年金改革はまだまだこんなものじゃ終わらないと考えています。

 そもそも、年金とは何なんでしょう。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
崔真淑(さい・ますみ)
崔真淑(さい・ますみ)
マクロエコノミスト。Good News and Companies代表。昭和女子大学現代ビジネス研究所研究員。化粧品会社エイボン・プロダクツ社外取締役。1983年生まれ。神戸大学経済学部、一橋大学大学院(ICS)卒業。大和証券SMBC金融証券研究所(現:大和証券)では株式アナリストとして活動し、最年少女性アナリストとして株式解説者に抜擢される。2012年に独立。経済学を軸にニュース・資本市場解説をメディアや大学等で行う。若年層の経済・金融リテラシー向上をミッションに掲げる。公式ホームページ
関連キーワードから記事を探す
マネー働き方教養・マナー就職・転職

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ