• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

転職や投資で「危ない会社」を避ける方法

2016年10月26日

売上や利益が伸びていても倒産する会社にご注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 10月は、経済・金融関連の講演の機会に恵まれた1カ月でした。というのも、10月4日は日本証券業協会が定める「投資の日」であり、証券知識を深めようというイベントが多いからなんですね。そして、年々女性が増えているのを肌で感じます。

 2017年からは、確定拠出年金に20歳以上は原則誰でも入れます。結果、投資の知見を伸ばしたいというニーズは高まっているようです。特に、株式投資など会社を見定めるために培った知識は、アラサー女性が一度は考える転職にも活かせます! 今日は、投資・転職の際に、絶対に知っておくべき、会社を見極める方法の一つを解説します。

転職するなら安心・安全な会社に転職したい

 転職は一大決心なわけです。早々に経営危機に陥りそうな会社に進んで入りたいとは思いませんよね。これまで様々な企業、その経営陣を取材してきましたが、経営危機の会社には、往々にして、非常に厳しい空気が流れています。社員の方々を見ても、大変そうな感じが伝わってくるものです…。

転職したらすぐ倒産した…なんて事態は避けたい(C)PIXTA

 こうした話をすると、「いやいや。転職するときは、ちゃんと黒字を確保している会社を選んでますよ!」と返されることがあります。さらには、「売上高も営業利益(本業の儲けを示す指標)も、伸びてる会社を選択しているから大丈夫!」という声も。これは、転職だけでなく、株式投資を行っている人も同じです。

 でも、本当に大丈夫なのでしょうか?

 ここで、知っていてほしいのが「黒字倒産」という言葉です。これは、会社の業績を示す決算書では黒字の利益を出しているにも関わらず、経営が立ち行かなくなり倒産することを意味します。

 もちろん、大手の上場企業でも起こる話です。2008年リーマンショックのときも、上場企業倒産件数の約半分が、「黒字倒産」でした。増収増益(売上高も営業利益も、前年より伸びている会社)を出していたら、安心安全な会社というわけではないようです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
崔真淑(さい・ますみ)
崔真淑(さい・ますみ)
マクロエコノミスト。Good News and Companies代表。昭和女子大学現代ビジネス研究所研究員。化粧品会社エイボン・プロダクツ社外取締役。1983年生まれ。神戸大学経済学部、一橋大学大学院(ICS)卒業。大和証券SMBC金融証券研究所(現:大和証券)では株式アナリストとして活動し、最年少女性アナリストとして株式解説者に抜擢される。2012年に独立。経済学を軸にニュース・資本市場解説をメディアや大学等で行う。若年層の経済・金融リテラシー向上をミッションに掲げる。公式ホームページ
関連キーワードから記事を探す
就職・転職マネー教養・マナー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ