• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

締め切りに追われない人は〇〇を多く持っている!

2016年7月27日

時間を管理するのではなく、〇〇を管理するのが鍵!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 締め切り厳守……この言葉を聞くとドキッとする人も少なくないのではないでしょうか。今まさに締め切りと闘っている人もいるかもしれませんね。私は、読者のみなさんや編集者などさまざまな方に支えていただきながら、連載やレギュラー番組の仕事をすることができています。1カ月間に来る締め切りの数は月に20 回。しかしその度に締め切りに追われて、編集者の方々や、仕事関係者にご迷惑をおかけすることも多々……。

 今回は、私のこうした反省を踏まえて、締め切りに追われないためには、どうしたらよいかについて学術研究から考えていきたいと思います。

時間があればもっと早く終わったのだろうか?

 私は今年の3月まで大学院に在籍し、論文を書く作業に励んでいました。当時、恩師にかけられた言葉で「なるほど~!」と思ったことがあります。それは、「論文は、締め切りが無いと絶対に書き上げられない!」ということ。

 確かに、締め切りがあるから頑張れるし、お尻に火が付いて作業に取り掛かれるもの。これは、あらゆる仕事の現場でも同じですよね。でも、締め切りに追われる度に、こう、思ったことはありませんか?

 「どうしていつも、締め切りギリギリになるんだろう。時間があればもっと早くできたのだろうか……」

どうしていつも、締切ギリギリになるんだろう。時間があればもっと早くできたのだろうか……

 もう何百回も、心の中でこうつぶやいたか分かりません(涙)。この私の悩みを解決するヒントになりそうなのが、ネット上で一時期話題になった、独立行政法人 産業技術総合研究所 松尾豊氏の「なぜ私たちはいつも締め切りに追われるのか」という研究報告です。

 松尾氏の研究では、「寝てしまっても締め切りに影響がない日数」を「ネルー」という単位で表し、締め切り当日に仕事を達成していない状態は0ネルーとしています。タスクを効率的に達成するために、このネルー値をどう上げればよいのか、また、どのように集中すればよいかについて、数学式を用いて考察しています。
締め切りに追われないための方法とはどんなものでしょうか。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
崔真淑(さい・ますみ)
崔真淑(さい・ますみ)
マクロエコノミスト。Good News and Companies代表。昭和女子大学現代ビジネス研究所研究員。化粧品会社エイボン・プロダクツ社外取締役。1983年生まれ。神戸大学経済学部、一橋大学大学院(ICS)卒業。大和証券SMBC金融証券研究所(現:大和証券)では株式アナリストとして活動し、最年少女性アナリストとして株式解説者に抜擢される。2012年に独立。経済学を軸にニュース・資本市場解説をメディアや大学等で行う。若年層の経済・金融リテラシー向上をミッションに掲げる。公式ホームページ
関連キーワードから記事を探す
働き方お仕事術コミュニケーション術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ