• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

年収○万円を超えると、お金があっても幸せじゃない

2016年6月29日

幸福度とお金の意外な関係 なぜお金があると幸せになれるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 あなたは、どれだけお金があれば幸せだと感じますか? 確率的には負けることが多いとわかっていても、宝くじを買ってしまうのは、一獲千金を夢見る心理が働いています。とはいえ、宝くじで1等を当てる確率は1000万分の1とも言われていますし、なかなか難しい…。やはり地道に年収を上げていくのが一番かもしれません。今回は、幸福度と年収の関係についての研究を紹介していきます。

幸福度のボーダーラインは……

 今回のテーマに関する研究は、経済学者の間で数多くされています。分析方法によって、まちまちではあるものの、ある一定の水準を超えると年収が上がったからといって、必ずしも幸福度が上がるとはいえないようです。

 それは、約630万円(!)です。

 これは2010年にノーベル経済学賞も受賞した、プリンストン大学のダニエル・カーネマン教授らが米Gallup社による45万件にのぼる調査データを分析して出した数値です。もちろん、これはアメリカの研究ですし、日本だと結果は違ってくるかもしれません。しかし、様々な研究を見ても、600万円~700万円水準という結果が散見されます。(注)この水準は、研究結果を当時の為替レートで変換しています。

 年収がこの金額以下の人では収入と「喜び」や「満足感」といった感情は比例するのに対し、この金額を超えると「稼げば稼ぐほどハッピーになれる」というわけではなくなるようです。

何かを得れば何かを失う?

 その他には、2004年に行われたアメリカの総合社会調査で興味深い結果が出ています。約1100万円を稼ぐ人たちは、その半分の収入しかない層と、総じて幸福度は変わらなかったのです。

 連載初回にも書きましたが、私たちの世界は時間もお金も全ての資源が有限です。つまり、何かを得れば何かを失うのが定めなのです。大きな金額を稼ぐということは、何かを犠牲にしているのかもしれません。

 上記で出てきた金額は、収入で得られる満足感と仕事のプレッシャーや忙しさのバランスがいい水準なのかもしれません。私は、仕事で様々な経営者や有識者にインタビューをする機会があります。稼ぐ力は本当にすごいと感じますし、ある意味“めちゃめちゃ働いている人”ばかりです。楽して稼げることはないってことなんですね。

 では、収入が増えても、幸福度が下がるのはなぜなのでしょうか?

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
崔真淑(さい・ますみ)
崔真淑(さい・ますみ)
マクロエコノミスト。Good News and Companies代表。昭和女子大学現代ビジネス研究所研究員。化粧品会社エイボン・プロダクツ社外取締役。1983年生まれ。神戸大学経済学部、一橋大学大学院(ICS)卒業。大和証券SMBC金融証券研究所(現:大和証券)では株式アナリストとして活動し、最年少女性アナリストとして株式解説者に抜擢される。2012年に独立。経済学を軸にニュース・資本市場解説をメディアや大学等で行う。若年層の経済・金融リテラシー向上をミッションに掲げる。公式ホームページ
関連キーワードから記事を探す
マネー働き方コミュニケーション術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ