• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

直感で判断すると「○○しない」から物事がうまくいく

2016年6月22日

女の勘を信じることはあながち間違いではない!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 女の勘…。やっぱり、当たるなぁと感じる瞬間ってありますよね。広辞林には、勘とは「分析的な思考によらないで直観的に物事の真相をとらえる事」とあります。まさに、直感と同義で使われる言葉のようです。

 この直感を活かして、プライベートでもパートナーや彼の怪しい動きから何か(笑)を感じ取り…いろんなことが判明したことがある人は少なくないでしょう。今回は、直感と働く環境との関係にフォーカスし、なぜ直感で判断すると仕事が上手くいきやすいのかの学術研究を紹介していきます!

あなたは、その仕事をどうやって選びましたか?

 就職活動にしても、転職活動にしても、どの会社、どの職業に就くべきか悩んだ経験は誰にでもあるでしょう。では、そうした職業選びに悩みがつきないのはなぜでしょうか?

 それは、選択しようとしている職業にプラス評価もできるところもあれば、マイナス評価の点もあるからです。

 例えば、今の仕事は非常にやりがいがある。でも、お給料は他社よりも安い。そんな時に、自分が希望する職種ではないけど、お給料が格段に高くなる会社から誘いを受けた…。さあ、どうします?

 こんな話が出ると、「それぞれの会社で働くことのメリット・デメリットを書き出して評価してみたら?」とアドバイスを受けることがあります。冷静に頭の中身を整理してみたら…ということなんですよね。

 では、このようにきっちり分析して職業を探した人と、詳細な分析をしないで感覚で決めた人と、どちらの方が仕事満足度が高いのでしょうか?

直感で、就職先を決めた人はどうなる?

 コロンビア大学アイエンガ―博士等による2006年に発表された「Doing better but feeling worse: Looking for the ‘best’ job undermines satisfaction」という論文にヒントが隠されています。

 新卒者を対象に、就職活動で客観的に正しいと思われる分析方法をとって就職した層と、そうではなく直感的に大雑把な方法で就職をした層とで、満足度の比較を比較しています。

 さて、就職して6か月後の調査では、前者(客観的に正しいと思われる分析で就職した層)が、平均的に給料が高いという結果が出ていました。しかし、満足度は低かったのです(!)。

 詳細に分析した層は、メリット・デメリットを徹底的に比較検討したのに、その最終的な決定に満足を得られていませんでした…。なぜ、このようなことが起きるのでしょうか?

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
崔真淑(さい・ますみ)
崔真淑(さい・ますみ)
マクロエコノミスト。Good News and Companies代表。昭和女子大学現代ビジネス研究所研究員。化粧品会社エイボン・プロダクツ社外取締役。1983年生まれ。神戸大学経済学部、一橋大学大学院(ICS)卒業。大和証券SMBC金融証券研究所(現:大和証券)では株式アナリストとして活動し、最年少女性アナリストとして株式解説者に抜擢される。2012年に独立。経済学を軸にニュース・資本市場解説をメディアや大学等で行う。若年層の経済・金融リテラシー向上をミッションに掲げる。公式ホームページ
関連キーワードから記事を探す
働き方就職・転職

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ