• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

格差は別に悪くない 金持ちが増えない社会でやるべきこと

2017年3月22日

日本は、みんなが豊かになって格差が縮小しているわけではない

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 お隣の国、韓国では朴元大統領が罷免されるというショッキングなニュースが入ってきました。この背景には、韓国で進む経済格差に憤りを感じた国民感情も重なったといわれています。またアメリカのトランプ大統領を誕生させたのも、経済格差への怒りが重なったと指摘されています。では、日本はどうなっているでしょうか? 現状を分析し、私達のキャリアプランへの影響も探ります。

そもそも格差は悪いこと?

 経済格差――この言葉を聞くとどんな印象を持ちますか? ポジティブな印象を持つ人は少ないでしょう。

 しかし、少し待ってください。格差は本当にいけないことなのでしょうか? なんでも平等が大切なのでしょうか。

本当に、平等が大事? (C)PIXTA

 例えば、勤務先の売上高アップに貢献したり、努力したりして資格を取得します。でも、平等を進めるために、売り上げが低い人や努力を怠っている人と給料が同じ場合、切ないですよね。

 経済格差そのものが悪いのではなく、一度でも仕事で失敗したり、病気になって働けなくなったりと、キャリアを中断したら、どれだけ努力しても給料アップの見込みが無くなる状況がまずいのです。

 つまり、経済格差が固定化されてしまうような状況を作り上げることが社会の課題なのです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
崔真淑(さい・ますみ)
崔真淑(さい・ますみ)
マクロエコノミスト。Good News and Companies代表。昭和女子大学現代ビジネス研究所研究員。化粧品会社エイボン・プロダクツ社外取締役。1983年生まれ。神戸大学経済学部、一橋大学大学院(ICS)卒業。大和証券SMBC金融証券研究所(現:大和証券)では株式アナリストとして活動し、最年少女性アナリストとして株式解説者に抜擢される。2012年に独立。経済学を軸にニュース・資本市場解説をメディアや大学等で行う。若年層の経済・金融リテラシー向上をミッションに掲げる。公式ホームページ
関連キーワードから記事を探す
マネー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ