家が欲しい、マンションが買いたいという気持ちが高まったら、物件を見に行く前に、5つの質問で自分の気持ちを最終確認してみましょうということを前回お伝えしました。その上で、「やっぱり買いたい」という気持ちが「固まった」ら、次のステージは、「自分が無理なく買える家(マンション)の値段」を知ることです。独身女子が買いたいと思うのは一軒家よりもマンションのほうが多いと思うので、今回も、マンションを購入することを前提に、お話していきたいと思います。

■「家を買いたい」と思う人は、前回の記事もぜひ読んでください → 「独身女子が家を買いたいと思ったときに確認する質問5」

 実は、「無理なく買えるマンションの値段」を知る方法は、簡単! 3ステップで計算できます。

ステップ1 無理のない毎月返済額はいくら?
ステップ2 無理なく返せる借入金額はいくら?
ステップ3 無理なく買えるマンションの金額は?

自分が無理なく返せる返済額、借入金額はいくらなのか、しっかり見極めて (C) PIXTA

ステップ1 無理のない毎月返済額はいくら?

 現在の家計をモトにして、住居費にかけることができる金額を出しましょう。

 例えば、月収30万円で今の家賃が8万円、マンションを買った後も毎月の住居費が8万円で生活にもゆとりがあるのなら、8万円が住居費ということになります。ただし、8万円がそのまま住宅ローンの返済額にはならないため、注意が必要です。

 一戸建てと異なり、マンションは毎月、管理費や修繕積立金がかかります。全国平均値では、この2つの合計額は月額約2万円(国土交通省:平成25年度マンション総合調査)。さらに、車がある人は駐車場代などもかかります。

 そのため、1カ月の想定住居費が8万円で、住宅ローンも8万円で組んでしまうと、実際の住居費は管理費と修繕積立金を合わせて10万円になってしまいます。そこで、1カ月の想定住居費8万円から2万円を差し引いた6万円を、無理のない毎月返済額として、計算していきます。

無理のない毎月返済額=1カ月の想定住居費-管理費・修繕積立金2万円

ステップ2 無理なく返せる借入金額はいくら?

 無理のない毎月返済額が分かったら、そこから借入金額を逆算します。この「逆算」がカギです。

 多くの人は、欲しい物件を決めて、物件価格から自己資金で足りない金額の住宅ローンを組みます。そうなると、目の前に欲しい物件があるため、少々無理なローンでも組んでしまう可能性が高まります。安心してローンを組み、そして、返済するためには、無理なく返せる毎月返済額で借りられる金額を知ることが重要なのです。

 そして、その借入金額は、早見表を見ればすぐに分かります。

 日経ウーマンオンラインの読者なら、一般的に住宅ローンの完済年齢とされる80歳まで35年ある方が多いでしょうから、「定年までに返したい」というのは、後で考えることとして、ひとまず35年ローンで借りることができる金額を見つけましょう。

 35年の住宅ローンを借りていて、後から繰り上げ返済で早く返すことはできても、後から期間を延ばすことは原則できません。まずは、最長期間で考えてみましょう。

 表は、例えば毎月返済額が6万円で、35年返済、金利1.5%の借入金額なら、1960万円というように使います。

毎月返済額から考える無理なく返せる借入金額(35年、元利均等返済の場合)
1% 1.5% 2%
5万円 1771万円 1633万円 1509万円
6万円 2126万円 1960万円 1811万円
7万円 2480万円 2286万円 2113万円
8万円 2834万円 2613万円 2415万円
9万円 3188万円 2939万円 2717万円
10万円 3543万円 3266万円 3019万円
借入金額の早見表は前野さんが作成。この表にない毎月返済額は、上の表にある数字の組み合わせで計算してください(例:月額11万円の場合は、5万円の該当数字+6万円の該当数字で計算する)