日経ウーマンオンラインの読者にお金についてのアンケートを取ると、貯蓄をするのは「老後資金のため」と答える方が一番多いようです。自分の老後はもちろん、親の老後についても不安に思っている人が少なくありません。

 私たちが受け取れる年金は現在よりも少なくなることが予想される今、親の老後は親自身で、そして、自分の老後も自分で見るのが基本です。でも、老後、もしかしたら利用するかもしれない「老人ホーム」の金額については、未経験なだけに見当がつかないという方がほとんどでしょう。

 そこで、老人ホームに入居した場合、いくらぐらいのお金がかかるのかを、少しのぞいてみましょう。

自分の老後も不安だけど、父や母が老人ホームに入ったら……いくらかかるんだろう (C) PIXTA

老人ホームの種類別・かかるお金

 「老人ホーム」と口にするとき、「介護をしてくれる人がいる老後の住まい」というニュアンスで使っていると思いますが、老人ホームにはいくつかの種類があります。

 次の表が、代表的な老人ホームとその介護レベル、そして入居一時金や月額費用の目安を表したものです。

介護レベル 施設の種類 入居一時金 月額費用
自立~中度 サービス付き高齢者向け住宅 敷金程度 約5万~30万円程度
自立~重度 軽費老人ホーム 0~数百万円 約7万~15万円
介護付き有料老人ホーム 0~数千万円 約10万~50万円
軽度~中度 グループホーム 0~数十万円 約12万~20万円
中度~重度 特別養護老人ホーム 0円 約7万~15万円
(さまざまな施設の料金データなどを基に前野さんが目安を作成)

 同じ種類でも、個々の施設によって入居一時金も月額費用も幅がありますから、しっかりと確認することが大切です。

 これらの施設の中でも、コストが低いのが特別養護老人ホームです。月額約7万円~15万円程度と、一般的な年金を受け取っていれば負担できる金額です。しかしながら、入居するには、「立ち上がりや歩行、排せつや入浴、衣服の着脱などが一人ではできず、ほぼ全面的な介護が必要な状態」の要介護3以上という条件があり、入居待ちの期間が長いのが実情です。

 どんなに入居したくても、空きがなければ入居できませんから、その点も施設選びの難しいところですね。そこで、施設数が増加している、サービス付き高齢者向け住宅を例に金額を見てみましょう。