• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

もしもがんだったら…検診直前のがん保険加入はアリ?

2017年6月26日

検診直前に気になるがん保険 加入のタイミング

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 ふとした胸のハリが気になって、乳がん検診を予約するとき。

 下腹部の痛みが続いて、婦人科を受診しようかなと思ったとき。

 来月、会社の健康診断があると分かって、自分の体調不良がふと心配になったとき。

 「もしも、がんが見つかったら」という不安から、検診の直前にがん保険が気になる方もいるようです。

え、これってしこり? 検診前にがん保険先に入ったほうがいいかな (C) PIXTA

 でも、直前の加入で本当に対応できるのでしょうか。

保険に入ってから、がん検診?

 もしもがんが見つかったら……と想像すると、治療方法のことや仕事のこと、家庭のことなど、さまざまな不安があることでしょう。もちろん、お金の不安もつきものです。

 そんなとき、がんの備えとして頭に浮かぶのは「がん保険」が多いようですが、がんになったときにも、健康保険の高額療養費や傷病手当金、障害年金などの公的制度は使えます。あなたが今までに貯めた貯蓄もこれからの生活の味方ですから、公的保障も考えつつ、がん保険を考えてくださいね。

 では、本題のがん保険に戻ります。

 がん保険は、がん以外の病気には無力ですが、その名前の通り、がんにはとても手厚い給付です。最近は、入院給付金や診断給付金だけでなく、通院治療、放射線や抗がん剤治療、先進医療などのさまざまな特約が登場し、進化しているのも特徴です。

 私のところにご相談にいらっしゃる方が想像するがん保険は、「がんと診断されたら診断給付金100万円」というような、一時金タイプが中心です。では、がん保険に加入して、その1週間後にがんが見つかった場合、がん保険の診断給付金100万円はもらえるのでしょうか。

 残念ですが、診断給付金はもらえないのです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
前野彩
前野彩(まえの・あや)
Cras代表取締役。FPオフィス will代表。大阪在住のファイナンシャルプランナー。中学・高校の保健室の先生から、結婚、退職、住宅購入、加入保険会社の破たんを経て転身。働く女性や子育て世帯が、お金の安心と可能性を実感できる「知れば得トク、知らなきゃソンするお金の知恵」を伝える。講演やテレビでも活躍。新著に『本気で家計を変えたいあなたへ〈第2版〉 書き込む“お金のワークブック”』(日本経済新聞出版社)。
関連キーワードから記事を探す
マネーカラダの悩み・病気健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ