転職を考える、あるいは、退職の際に気になることのひとつに、退職金の有無や金額があることでしょう。退職金は、長期間会社に貢献した人への給料の後払いという意味合いがあるため、20代、30代で退職した場合は、退職金がなかったり、ボーナス程度だったり……ということが大半です。

 そこで今回から3回に分けて、退職金の目安と質問の多い「退職金キャンペーン」について、お伝えします。

あなたの退職金はいくらくらいか?

 現在、退職金制度がある会社の割合は、4社に3社です。

 また、退職金制度がある会社でも、その内容は年齢に応じて退職金が増えていく年功序列型もあれば、役職や貢献度などをポイントに置き換えてポイントを累計するポイント制、最近では、企業型確定拠出年金などがあり、会社によって退職金制度の有無もその金額も制度も異なります。

 入社時や退職前はもちろんのこと、退職金の有無や金額は、今後の生活にも関わることなので、必ず確認しておきましょう。

 退職金制度を手軽に調べる方法は、人事や総務に聞くことです。とはいえ、「退職金について聞くと、辞めるのかも? と思われそうで聞きにくい」という声をよく聞きます。

私たち、今、この会社を辞めたら退職金っていくらもらえるんだろう (C) PIXTA

 そんなときは、受け取っていれば勤めている会社入社時の退職金規定、あるいは、社内限定のネットで退職金規定を閲覧することができないか、などの方法で確認してみましょう。

 なお、企業型確定拠出年金は自分で確認できるので、ID、パスワードを使って運営管理機関のサイトにログインしてみましょう。

 下の表は、東京都産業労働局「中小企業の賃金・退職金事情(平成26年版)」です。退職金が分からないときの目安にしてみてくださいね。

<モデル退職金 ※自己都合の場合>
勤続年数 高校卒 高専・短大卒 大学卒
1年 5.6万円 8.4万円 10.2万円
3年 16.3万円 18.5万円 23.5万円
5年 32.0万円 36.1万円 45.1万円
10年 89.5万円 100.2万円 124.2万円
15年 175.3万円 199.8万円 242.5万円
出典:東京都産業労働局「中小企業の賃金・退職金事情(平成26年版)」