• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

鍵紛失、水漏れ、病気も火災保険が頼れる サービス例

2017年4月3日

知らなきゃソンする! 火災保険の付帯サービス

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 「鍵を無くした!」
 「トイレが詰まった!」

 こんなとき、あなたはどうしますか?

 携帯電話で鍵を開けてくれるお店を調べますか? 水のトラブルに駆けつけてくれる業者を探しますか? 実は、こんなときに頼れるのが火災保険の付帯サービスなのです。

玄関の鍵を無くした!

 仕事から帰ってきて、家でゆっくりしようと思った途端に気付く「家の鍵がない!」というトラブル。どこで落としたのか不安になりますし、どうやって家の中に入ろうか、焦ることでしょう。

 そんなときに思い出してほしいのが、火災保険です。

 玄関のカギを無くした場合、保険会社に連絡すると、無料で専門会社の人が駆け付けてくれ、鍵を開けてくるサービスがあるのです。

鍵無くした~! そんなとき無料で駆け付けてくれるサービスが火災保険にはあります (C) PIXTA

 保険会社によって詳細は異なりますが、実質無料、または、自分で業者を依頼するよりも割安で終わるのが、このサービスの魅力です。

<鍵開けサービスの例>
A社 ・事前に専用ダイヤルに電話が必要
・出張料と作業料が無料
・鍵の紛失で、鍵と錠の交換を希望する場合は、本人負担
・盗難で鍵と錠の交換をする場合は、保険会社負担(1年に1回が限度)
B社 ・事前に専用ダイヤルに電話が必要
・自分で業者を指定する場合は、事前に専用ダイヤルに連絡すると、1万円を限度に実費支払い
・30分以内の出張料、作業料が無料
・30分を超える費用や、部品代は本人負担
C社 ・事前に専用ダイヤルに電話が必要
・出張料無料
・部品代等は本人負担

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
前野彩
前野彩(まえの・あや)
Cras代表取締役。FPオフィス will代表。大阪在住のファイナンシャルプランナー。中学・高校の保健室の先生から、結婚、退職、住宅購入、加入保険会社の破たんを経て転身。働く女性や子育て世帯が、お金の安心と可能性を実感できる「知れば得トク、知らなきゃソンするお金の知恵」を伝える。講演やテレビでも活躍。新著に『本気で家計を変えたいあなたへ〈第2版〉 書き込む“お金のワークブック”』(日本経済新聞出版社)。
関連キーワードから記事を探す
マネー暮らし方お買い物・節約術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ