• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

会社の福利厚生、医療費控除 知って役立つお金の知識

2018年4月2日

1年をムダにしないために春に確認しておくべきお金の仕組み

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 4月に入り、人事異動などでちょっと職場の雰囲気が新鮮に感じられる頃でしょうか。今回は、この時期だからこそ、思い出していただきたい二つのお金の話をお伝えしていきます。

春のこの時期に確認しておくといい二つのお金の話 (C)PIXTA

来年の医療費控除の準備は既に始まっている

 確定申告が終わったばかりですが、実は、来年の医療費控除に向けた準備は、既に始まっています。

 この時期、花粉症に悩まされ、飲み薬に点鼻薬、目薬と、薬が手放せない方も多いことでしょう。そんなときに、覚えておいていただきたいのが、セルフメディケーション税制です。

 セルフメディケーション税制とは、スイッチOTC成分が含まれた薬を、1年間に家族合計で1万2000円を超えて購入した場合に、医療費控除の確定申告をすることで、税金を安くすることができる制度です。



 スイッチOTC成分が含まれているかどうかは、「セルフメディケーション税制マーク」が薬のパッケージに記載されていることが多いのですが、分からない場合は、薬を買う前にドラッグストア等の店員さんにセルフメディケーション税制対象かどうかを確認したり、手元の薬を厚生労働省のサイトで確認したりすると、すぐに分かります。対象となる薬を買った場合は、レシート保管箱やファイルを作って、1年間保管しましょう。

 なお、今年に入ってからはまだ3カ月しか経過していません。「あの薬も対象かも?」と思った方は、その薬を購入したときのレシートを探してみてください。レシートに「★」などのマークが付いていて、「セルフメディケーション税制対象」と書かれていれば、対象になりますから、レシートで判断してくださいね。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
前野彩
前野彩(まえの・あや)
Cras代表取締役。FPオフィス will代表。大阪在住のファイナンシャルプランナー。中学・高校の保健室の先生から、結婚、退職、住宅購入、加入保険会社の破たんを経て転身。働く女性や子育て世帯が、お金の安心と可能性を実感できる「知れば得トク、知らなきゃソンするお金の知恵」を伝える。講演やテレビでも活躍。新著に『本気で家計を変えたいあなたへ〈第2版〉 書き込む“お金のワークブック”』(日本経済新聞出版社)。
関連キーワードから記事を探す
マネー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 8月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 8月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 7月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ