2月に入ると「確定申告」という文字が目に入ってくるようになります。確定申告の中でも最も有名な控除が「医療費控除」でしょう。そこで2回にわたり、医療費控除の対象になるもの、ならないものと、制度の改正点についてお伝えします。

医療費控除の対象になる? ならない? クイズ

 では、早速クイズです。次のうち、医療費控除の対象になるものはどれでしょう?

【1】ドラッグストアで買った市販薬の領収書
【2】ドラッグストアで買ったサプリメントの領収書
【3】電車で通院したけれど、領収書がない電車代
【4】車で通院したときの病院の駐車場の領収書
【5】異常が見つかった人間ドック代の領収書
【6】インフルエンザの予防接種の領収書
【7】入院時に病院で出た食事代の領収書
【8】近視のコンタクトレンズの領収書

医療費控除に対象になるものは、どれでしょう? (C) PIXTA

 ヒントは、医療費控除の対象になるものは、全部で4つあります。分かりましたか? 医療費控除の対象となるものは、奇数番号のものです。一つずつ解説していきましょう。