• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

キンコン西野「僕が炎上覚悟で発言するそのワケ」

2017年4月25日

「皆に好かれたい」をやめれば楽になる 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 1999年に漫才コンビ「キングコング」を結成し、お笑いタレントとして活動してきた西野亮廣さんがなにかと話題だ。斬新な手法で絵本を制作し、国内外で個展を開催。学校運営や町づくりなど、ジャンルを超えたチャレンジを革新的なアプローチで次々に、しかも同時進行で進めている。

 2016年に発売された絵本「えんとつ町のプペル」(幻冬舎) は絵本では異例となる発行部数27万部を突破し、「ネットで全ページ無料公開」など新し過ぎる手法に賛否が巻き起こった。最新著「魔法のコンパス 道なき道の歩き方」(主婦と生活社)にもつづられた彼の仕事観、人生観、恋愛観までを、とことん語ってもらった。

なぜ僕は炎上覚悟で好きなように発言しているのか

 ご存知かもしれませんが、僕、よく炎上するんです(笑)。ハイ、僕を嫌っている人が結構いることも知っています。僕が何かネットで発表するたびに黒焦げになるので、「炎上するの分かっていて、なんでまたやるの?」と心配してくれる人もいます。

 なぜ僕が炎上覚悟で好きなように発言しているのか。説明します。

 まず、僕が完全にやめると決めたのが「誰からも好かれる」ということを前提とした収入モデルです。

 テレビに出るタレントが何で稼いでいるかというのを突き詰めると、テレビ番組を提供しているスポンサーから頂く広告料です。そうすると目指すべきは「好感度を高めること」になります。

 企業さんに迷惑が掛からないように、視聴者から不快に思われないように、細心の注意を払いながら発言していきます。グルメ番組に出演して試食すれば、食べてマズイと思ったとしても「おいしいですね~」と言わなければいけない。それで皆に嫌われなければ成立する職業でした。10年前までは。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

Profile
西野亮廣
西野亮廣
1980年、兵庫県生まれ。1999年、梶原雄太と漫才コンビ「キングコング」を結成。活動はお笑いだけにとどまらず、「えんとつ町のプペル」(幻冬舎)など4冊の絵本執筆、ソロトークライブや部隊の脚本執筆を手がけ、海外でも古典やライブ活動を行う。そのほか、クリエーター顔負けの「街づくり企画」、「世界一楽しい学校作り」など未来を見据えたエンタメを生み出し、注目を集めている。最新著書に「魔法のコンパス 道なき道の歩き方」(主婦と生活社)。
関連キーワードから記事を探す
働き方コミュニケーション術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ