• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

キンコン西野「肩書きにこだわるのはもう古い」

2017年4月11日

「いい子」になりすぎて、本当に心が躍ることを忘れてるんじゃない?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 1999年に漫才コンビ「キングコング」を結成し、お笑いタレントとして活動してきた西野亮廣さん。斬新な手法で絵本を制作し、国内外で個展を開催。学校運営や町づくりなど、ジャンルを超えたチャレンジを革新的なアプローチで次々に、しかも同時進行で進めている。

 2016年に発売された絵本「えんとつ町のプペル」(幻冬舎) は絵本では異例となる発行部数27万部を突破し、「ネットで全ページ無料公開」など新し過ぎる手法に賛否が巻き起こった。最新著「魔法のコンパス 道なき道の歩き方」(主婦と生活社)にもつづられた彼の仕事観、人生観、恋愛観までを、とことん語ってもらった。今回は、「肩書き」について。

「肩書き」という考え方、古くない?

 「肩書き」についてもちょっと言いたいことがあります。「肩書き」という考え方、古くないっすか?!

 そもそも、「一つの職業をずっと保持する」という働き方が崩壊しつつあるというのに。今世の中にある職業だって、いつまであるか分からない。ニュースを少しでも見ていたら、今の職業の8割は消滅するとか、AIが産業界にどんどん進出しているとか、耳に入ってきますよね。

もう「一人一職業」で人生を全うできる時代じゃないでしょ  写真/洞澤佐智子

 寿命も延びているし、「一人一職業」で人生を全うできる時代は終わっていると僕は思います。夢中になって取り組んでいることも、いつかは消えるものと思うほうがずっと現実的。

 だから僕は、職業の名前とか、その領域の中でのエラさを表す「○○長」とかには全くこだわりがないんです。以前、芸人の先輩から僕の仕事観について批判されたことがあって、そのときに抱いた違和感については「魔法のコンパス 道なき道の歩き方」(主婦と生活社)の冒頭に書きました。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

Profile
西野亮廣
西野亮廣
1980年、兵庫県生まれ。1999年、梶原雄太と漫才コンビ「キングコング」を結成。活動はお笑いだけにとどまらず、「えんとつ町のプペル」(幻冬舎)など4冊の絵本執筆、ソロトークライブや部隊の脚本執筆を手がけ、海外でも古典やライブ活動を行う。そのほか、クリエーター顔負けの「街づくり企画」、「世界一楽しい学校作り」など未来を見据えたエンタメを生み出し、注目を集めている。最新著書に「魔法のコンパス 道なき道の歩き方」(主婦と生活社)。
関連キーワードから記事を探す
働き方コミュニケーション術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ