• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

独身でも保険は必要? いざというときの備えと心構え(5/5)

2018年6月13日

もしものときに備えて安心 会社員の生命保険の考え方を解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

団体保険 5つの注意点

 もし団体保険を検討するなら、一般的な生命保険との相違点にも留意しておきましょう。主に、以下があります。

1)内容はシンプルなものが多い

 保障の内容や対象がシンプルであることが多く、比較的分かりやすい反面、さまざまなニーズに合わせ充実した特約を求める場合には物足りなさを感じる人もいるかもしれません。設定できる保険金額も、一般向けに比べると限られることがあります。

2)募集期間が決まっていることがある

 団体保険の契約手続きは、基本的にはお勤め先が加入を希望する従業員を募り、保険会社に対してまとめて行います。このため、年度の初めや入社時などに案内パンフレットが配られ、所定の募集期間に申し込むケースが多いです。募集期間外に申し込める場合もありますが、詳細は勤務先に確認するとよいでしょう。

3)在職中のみ契約できることが多い

 原則として、団体保険はその企業の従業員を対象にしています。このため、退職すると解約しなければならないことがほとんどです(一部、継続できる場合もあります)。退職した後の備えをどうするか、この先のキャリアプランも踏まえながら検討すると安心です。

4)商品によってはあまり割安でないこともある

 団体保険は保険料設定などの仕組みが一般向けと異なります。生命保険は基本的に年齢が高いほど保険料も高くなりますが、団体保険のなかには保険料の設定が平均化されているものもあります。単純な比較はできませんが、若い人にはあまり割安ではないことがあります。

 また、保険(契約)期間が1年など短期間に限定されているものが多いです。契約当初の負担感を抑える上では有効ですが、長期間にわたって継続すると、支払う保険料総額が高くなることもあります。

5)自分で判断が必要

 保険会社や保険代理店では、営業担当者や窓口で相談しながら検討できますが、団体保険はパンフレットを自分で読んで判断するのが基本です。お勤め先によっては電話などの相談窓口や説明会などが設定されることもありますが、詳細なプランニングに対応してもらうのは難しいかもしれません。

 社会人として安心して働き続ける上では、リスクに備えることも大切です。保険というと難しいイメージを抱く人もいるかもしれませんが、検討するならぜひ自分に合ったものを効率的に選びたいもの。とりあえずやみくもに契約するのではなく、公的な保障制度や勤務先の団体保険も含めて、総合的に検討できるとよいですね。

文/加藤梨里 イラスト/とげとげ。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
加藤梨里
加藤梨里(かとう・りり)
ファイナンシャルプランナー(CFP認定者) マネーステップオフィス株式会社代表
保険会社、銀行、FP会社を経て独立開業。家計、保険などお金のセミナー、執筆、相談を行う。働く女性のライフプランと健康にも関心があり、慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科特任助教も務める。監修を担当した最新刊は『ガッツリ貯まる貯金レシピ』『年金世代のしあわせ家計簿』
マネーステップオフィス株式会社:http://moneystep.co/
関連キーワードから記事を探す
マネー教養・マナー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 7月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 7月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 6月号

毎日がラクになる片づけルール

読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ