• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

独身でも保険は必要? いざというときの備えと心構え(3/5)

2018年6月13日

もしものときに備えて安心 会社員の生命保険の考え方を解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

働けなくなったときの公的な保障には何がある?

 まず、お勤めの人が病気やケガが原因で働けなくなったときに使える公的なサポート制度を確認しておきましょう。主に、お給料の減少を補てんする「傷病手当金」と、医療費の自己負担を抑える「高額療養費制度」があります。

 (傷病手当金などの制度については、第4回「女性は一生でいくら稼げる? 人生設計は長い目で見て」、第5回「知っておきたい! いざというときのお金と備え」でも解説しています)

 傷病手当金は、お勤め先の健康保険に加入している人が病気やケガで仕事を4日以上休んだとき、お給料を日割りした金額のおおよそ3分の2を、休んだ日数分(仕事を休み始めた最初の3日分を除く)、最長で1年6カ月間受け取れるものです。お勤め先から出るお給料が減ったり、ゼロになったりしたときに支給されます。ですから、有給休暇を使い切ってもなお長期間の休業をする場合でも、1年半まではお給料の3分の2程度の収入が確保されるものです

※月収には「標準報酬額」を用い、その日割りで計算します。また、仕事を休み始めた最初の3日分は「待期期間」といって支給対象になりませんので、厳密に月収の3分の2の金額が保証されるわけではありません。


 また高額療養費は、1カ月にかかった医療費の自己負担額が高額になっても、一定の金額(自己負担限度額)までに抑えられる制度です。「一定の金額」は収入によって異なり、おおよその月収(標準報酬月額)が26万円以下なら(住民税非課税世帯を除く)、月に5万7600円です。

 ですから、「いざというとき」の備えを考えるときには、まずは収入が今よりも3分の1カットされても生活できるか、医療費の出費が約6万円(※収入によって異なります)あっても耐えられるか? がポイントです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
加藤梨里
加藤梨里(かとう・りり)
ファイナンシャルプランナー(CFP認定者) マネーステップオフィス株式会社代表
保険会社、銀行、FP会社を経て独立開業。家計、保険などお金のセミナー、執筆、相談を行う。働く女性のライフプランと健康にも関心があり、慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科特任助教も務める。監修を担当した最新刊は『ガッツリ貯まる貯金レシピ』『年金世代のしあわせ家計簿』
マネーステップオフィス株式会社:http://moneystep.co/
関連キーワードから記事を探す
マネー教養・マナー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 7月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 7月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 6月号

毎日がラクになる片づけルール

読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ