• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

【最終回】上達への近道 憧れインスタグラマーを探す(2/3)

2017年8月11日

すてきなインスタグラマーはどう見つける? 何をまねする?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

(2)自分と共通の趣味のアカウントを見つける

 続いては、自分の趣味が合う人を見つけていきましょう。

 ご自身のInstagramのアカウントを見直してみると、何となく自分自身の好きなものや傾向が見えてきませんか?

 例えば、旅が好きな方なら旅の写真が多くなりますし、食べることが好きなら食事の写真が多いことでしょう。ここでは食べ物を例にご説明します。

 この連載を通したテーマでもありますが、すてきなランチを食べたならば、その写真をいい思い出として残したいですし、写真映えするようなかわいらしいデザートを食べたならば、より多くの「いいね!」がもらえるような写真を撮って投稿したいもの。

 食べ物の撮り方にも一定のコツがあります。それらを、お料理の写真を得意とするインスタグラマーさんから学んでみましょう。ここでは、@good_morning_japanのアカウントを紹介します。

@good_morning_japanのアカウント画面

 フードデザイナーの須賀いづみさんと、ヘルシー&ビューティーフードアドバイザーである赤埴奈津子さんが開催している朝ごはん専門のお料理教室「Good Morning Japan」の公式アカウントです。投稿されている写真を見ると、料理をかわいく撮るアイデアが盛りだくさんです。

 真上から撮る「インスタ撮り(← 皆さん、覚えていらっしゃいますよね? 『インスタ撮り おしゃれ感の極意は動きと○○に』の記事で紹介しましたね)」はもちろんのこと、お皿周りに置く小物使いやテーブルコーディネート術など、参考にしたいワザがたくさん隠されています。

 写真の全体の色合いもかわいくて、鑑賞するのも楽しいです。上手に料理の写真が撮れずに悩んでいらっしゃる方は、ぜひフォローして、参考にしてみてください。

 ちなみに、主催者のうちの一人、須賀いづみさんプライベートアカウントも、料理アカウントとしてとても参考になります。

須賀いづみさんのアカウント画面

 もう一人、赤埴奈津子さんのプライベートアカウントは、小物や人物写真の参考に。色合いや構成など、学べる点はたくさんあります。

赤埴奈津子さんのアカウント画面

 気になる人がいたら、まずフォローする。そして、その撮影テクを盗み、自分で実践する。その繰り返しで、確実に写真を撮る腕は上がります。あとは、ご自身で撮った写真をどんどん投稿するのみです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
三浦マキ
三浦マキ(みうら・まき)
アナウンサー、ライター、PR会社・MAKILA代表取締役。大学在学中から数々のメディアでアナウンサーとして活躍すると同時に大手女性誌でライターとしても活躍。その後拠点をロサンゼルスへ移すため渡米し、ハリウッドのテレビ局でアナウンサーとして勤務。現在は世界中を旅しながら多ジャンルで活動中。著書に「Great LA Life」(Gravee)、公式ブログ:「Great LA Life」、Instagram:lamaki625
関連キーワードから記事を探す
旅行・お出かけ暮らし方PC・スマホエンタメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 5月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 5月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 4月号

なぜか好かれる人の1日5分の新習慣

読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ