• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

楽しい旅を最高におしゃれに撮るたった一つのポイント

2017年7月14日

とにかく○○に注意、そして事前の準備もぬかりなく

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 旅に出ると、美しい風景や楽しいワンシーンを確実に撮りたいもの。さらにおしゃれに撮れたら言うことないですね。今回は、インスタグラマーが実践しているおしゃれに風景を撮る工夫を余すことなくお教えします。

 楽しい旅行、ワクワクする時間……旅行という特別なイベントは、普段より写真を撮影する機会が多く、とっておきの1枚が撮影できるチャンスです。しかし、その「たった一度の特別な瞬間」をカメラに収められるチャンスも、同じく1回限り……せっかくなら、最高の1枚を撮りたいもの。

 今回は後悔しない、旅行先で撮るInstagram映えする写真の撮り方を一緒に考えていきましょう。

とにかく「寄り過ぎない」こと! でも、それってどういうこと?

 旅先では、何を真っ先に撮影しますか? まずは旅先でしか見ることのできない、とっておきの風景を撮影したくなるという人も多いのではないでしょうか。

 押さえておきたい風景写真のポイントはいくつかありますが、何よりも大事にしたいのは、その旅先の魅力を伝えること。自分がすてきだな、きれいだなと感じ、心が動かされた風景をカメラに収めてください。

 感動した風景をカメラに収めるポイントは、風景に「寄り過ぎない」、風景から「引く」ことです。実例とともに見ていきましょう。

Tips1 撮りたいものに寄り過ぎず、中央に配置する

 大きな建造物の臨場感をより効果的に伝えるには、撮りたい物を中央に配置するのがポイントです。建造物はもともとフレームにすべてを入れるのが難しいので、何を中央に入れると面白いか、眺めてみましょう。寄り過ぎると主体が分かりづらくなってしまいます。

こちらはニューヨークのブルックリン橋。大きな橋だということは伝わりそうですが……
橋の中央から上を見上げ、アメリカ国旗を入れたアングルでシャッターを切りました

 アメリカ国旗という分かりやすいアイコンを中央に写し込むことで、臨場感が増し、旅先らしさが伝わります。

Tips2 とにかく引いて、全体像を捉える

 壮大な自然、皆に見てほしい絶景。それらを撮影するポイントは、非常にシンプル。とにかく「引いて撮影する」ことです。高台から撮ったり、目的地に到着する前に遠くから撮ったりしてみましょう。

ハワイにあるこのシークレットビーチ。高台から、ぐるりと囲んでいる大きな岩壁を捉えることで、このビーチの良さや特徴が伝わります

 寄らずに全体像を捉えることで、その雄大さ、旅先の素晴らしさは伝わりやすくなります。

サンライズの撮影。ズーム機能を使って太陽を中央に配置してみましたが……
全体を捉えるほうが、空色のグラデーションによって、徐々に太陽が昇ってくる様子が伝わりやすい1枚になりました

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
三浦マキ
三浦マキ(みうら・まき)
アナウンサー、ライター、PR会社・MAKILA代表取締役。大学在学中から数々のメディアでアナウンサーとして活躍すると同時に大手女性誌でライターとしても活躍。その後拠点をロサンゼルスへ移すため渡米し、ハリウッドのテレビ局でアナウンサーとして勤務。現在は世界中を旅しながら多ジャンルで活動中。著書に「Great LA Life」(Gravee)、公式ブログ:「Great LA Life」、Instagram:lamaki625
関連キーワードから記事を探す
旅行・お出かけPC・スマホエンタメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 9月号

    特集「着ない服から心のイライラ、仕事のムダまで、ぜ~んぶ、スッキリ!『1分で捨てる!新習慣』」。第2特集「貯めてる女子はやっている!お金の裏ワザ130」。

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 9月号

    たるみ・脂肪・ゆがみ…“お腹ぽっこり”″の悩みをすべて解消!「朝夜5分で下腹を凹ませる」方法を総力特集♪

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 8月号

    「日経DUAL」8月号は「100年ライフに備える共働き家計」「仲良しセックスレスはいいこと?悪いこと?夫婦のスキンシップ」2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「竹内薫 娘のためにトライリンガル学校を設立」「西原理恵子 妻も夫も『愛してる』って言おうよ」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ