• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

好感度UPインスタ センスいい色フィルターの選び方

2017年4月14日

人気インスタグラマーへの近道は、「カラー」と「テーマ」の設定

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

写真投稿アプリ「Instagram(インスタグラム)」を楽しむヒントをお届けする連載・第2回は、「カラー」と「テーマ」の設定について解説します。どんなカラーフィルターを使うのか、どんな写真を投稿するのかを最初に決めるというお話です。言い換えれば、人気インスタグラマーを目指すための「最初の仕込み」なのです。「カラー」と「テーマ」、この二つをちゃんと設定しているだけで、共感の広がりが変わってきます!

 皆さまこんにちは。先月から始まりましたInstagram講座を担当させていただいている三浦マキです。もともとアナウンサーとして活動していましたが、気が付けばブログやInstagramが自分の中で欠かせない大事なツールに。最近ではSNSを使用したPRのお仕事も増えています。この連載が少しでも皆さまのInstagramライフの一助になれば幸いです。

「あなたらしさ」を表現するために、「統一感」を出す

 さて、あなたの好きなものは何ですか? 風景、食べ物、人物、花、ファッション……気が付くとよく撮っているものは何ですか? そして、あなたの好きな「テイスト」は何でしょうか? 「かわいいテイスト」「明るいテイスト」「シックなテイスト」……いろいろありますね。ちょっと考えてみてください。

 実はこれ、Instagramを投稿する際に、非常に大切なポイントとなります。

 Instagramはある意味自分を表現する場であり、写真ライフの議事録にもなるもの。何の写真がどんなテイストで並んでいるか……Instagramのアカウント画面が「あなたらしさ」を表現します。

 人気インスタグラマーの画面を見ると気が付くかもしれませんが、フォロワーの多いアカウントに共通して言えることは、テーマ(投稿する対象物)とカラー(テイスト)がきちんと定まっていて、「統一感がある」ということ。

私のInstagramアカウント画面です。「統一感」を持たせていますが、何だか分かりますか?

 私のInstagramのテーマとカラーは、「旅」と「青色」。旅の写真、そしてビーチや青空など青色の写真を投稿しています。

 その結果、画面上に並ぶ写真に統一感を持たせることができます。同じような趣味を持つ人、私の場合は旅好きな人が私のアカウントを目に留めてくれて、フォローしてくれる確率が上がります。そして、新たなつながりが生まれるのです。

 とはいえ、「統一感」と聞いてクエスチョンマークがまだ頭に浮かんでいる方もいらっしゃるでしょう。もっと具体例を交えて、一緒に勉強していきましょう!

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

Profile
三浦マキ
三浦マキ(みうら・まき)
アナウンサー、ライター、PR会社・MAKILA代表取締役。大学在学中から数々のメディアでアナウンサーとして活躍すると同時に大手女性誌でライターとしても活躍。その後拠点をロサンゼルスへ移すため渡米し、ハリウッドのテレビ局でアナウンサーとして勤務。現在は世界中を旅しながら多ジャンルで活動中。著書に「Great LA Life」(Gravee)、公式ブログ:「Great LA Life」、Instagram:lamaki625
関連キーワードから記事を探す
旅行・お出かけ暮らし方PC・スマホエンタメ

Topics

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 5月号

    「時間のムダが9割減る ノート術&文具 神ワザ100」を大特集。ルーズリーフに書くだけでお金が貯まる家計ノート、コクヨ式・ミスゼロノート術など、書くだけで「なりたい自分」を手に入れるアイデアが満載。さらに「お仕事服は“制服化”でラクになる」を紹介します。

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 5月号

    太りたくない、やせたい、便秘を解消したい…そんな女性の悩みを「作りおき」と「時間栄養学」で解決する「太らないシンプル食事術」を大特集。さらに、特別付録「反射区&ツボ押し手袋」付き。美と健康に役立つ情報満載です!

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 4月号

    「日経DUAL」4月号は「ひとりっ子、きょうだいの育て方」と「パパの手作り20分夕ごはん大作戦」の2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「英語のプロ 息子に『勉強しろ』と言ったことはない」「中室牧子 貧困家庭の子を支援すべき本当の理由」「堀井美香 夫と子のために『言わない』と決めたこと」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版