• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

アラサー世代の転職指南塾

髪型、インナー 転職の面接やりがちファッションNG

2017年1月16日

台無しにしないで! 転職ファッションの差が出るアイテム

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 転職活動が順調に進み、次はいよいよ面接試験だ!と、なったところで行き当たるのが「何着ていけばいいの?」という疑問。面接においては見た目も合否を左右する重要なポイント。新卒の就職活動時との違いはあるのだろうか? また、転職活動ならではの、うっかりやってしまいがちなミスとは? 多くの転職者をサポートしてきた転職エージェントに「転職ファッション」で気をつけたいポイントを聞いた。

転職ファッションの基本は「清潔感」

 「新卒採用の面接時と同様、転職の場合も面接時の第一印象は重要です。相手先企業、応募職種のドレスコードに合わせるということが基本になりますので、一概に『こんな服装がいい』とはいえません。ただ、どんな場合でもいえることは『清潔感を感じさせる身だしなみ』が基本ということです」。そう話してくださったのは、人材紹介サービス エン エージェントのコンサルタント磯村舞さんだ。

 金融はかために、化粧品業界は少し華やかになど、業界ごとにある程度のドレスコードはあるが、実は、会社によってカラーは異なっている。

 転職エージェントでは、面接前に受ける会社に合わせた個別の服装のアドバイスも行っているということなので、まずは遠慮なく相談してみるのが一番だ。もし可能なら、前もって受ける会社のある場所に行ってみて、働いている人の様子を観察してみると、自由な雰囲気なのか、かっちりとした雰囲気なのかなど、ある程度その会社のカラーをつかむことができるかもしれない。

 また、注意したいのは、履歴書の写真だ。

 「履歴書の写真で第一印象が決まるので、とても重要です。面接同様、ジャケット着用が基本です。実際の面接の際も、写真のイメージに近い服装で臨んでください」

 「基本的な考え方は新卒の就職活動と同じ」とのことだが、就活生のリクルートファッションとの違いはどこにあるのだろうか。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
就職・転職ファッションコミュニケーション術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 7月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 7月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 6月号

毎日がラクになる片づけルール

読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ