• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

アラサー世代の転職指南塾

転職で年収600万円を超えた30代女子のやったこと(2/2)

2017年5月22日

転職で年収がアップする秘訣 「語学力や資格を生かして」編

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

アラサーから大学院に挑戦 高度な資格取得で夢をかなえる

梶川さん
32歳
航空・客室乗務員(450万円) → 大学院 → 大学病院助教(600万円)

 梶川さんは、会社を辞め、大学院(医学研究科)へ進学した後、大学病院へ転職という少し特殊なケースです。大学卒業後、国際線の客室乗務員として海外を飛び回っていた梶川さんですが、不規則な仕事ということもあり、体的にきつく、長く続けられないと感じ、何か資格を取って専門職に就きたいと考え始めました。

ポイント 1◆長く働くことを意識し、希望する資格を得るため大学院へ進学

 梶川さんは、以前から興味のあった分野について学び、医療系の特殊な資格を得るため、大学院受験を決意し、見事合格します。大学院では勉強と研究に没頭し、希望していた資格も取得。

 進学に当たっては、手帳に希望する将来設計や現状と未来のメリット、デメリットをまとめ、書き込んでおき、「大学院進学で一時的に収入が無くなり、不安定になったとしても、興味ある分野で長く働き、年収は30代後半で目標年収に届けばいい」といったことを意識するようにしていたそうです。

ポイント 2◆転職でかなえたかったことを、きちんとかなえる

 大学院卒業後は、研究所で一時的に働いた後、現在の大学病院でのポストを見つけて応募。面接で前職の経験も生かし、「笑顔」「要点をまとめて話す」「話し方や姿勢から熱意を伝える」といった3点に気を付けていたそうです。

年収は30代後半で目標年収に届けばいい、と意識していました (C) PIXTA

 転職後は、「規則正しい生活を送れるようになって、肌荒れが治った」「表情が柔らかくなったと友人に言われた」「興味あった分野について深く知ることができている」「将来性のある分野の仕事に関われている」そうです。

 そして、「人生どうにかなる、という気持ちがより強くなった」ということで、転職でかなえたかったことをきちんとかなえており、満足度は高いとか。

 現在は「実は直近の組織改編で、年収がちょっと下がってしまったんですよ……」とのことでしたが、「30代後半で目標年収に届けばいい」と考えて将来設計をし、キャリアを積み重ねてきた梶川さんが得た最大の成果は、年収アップではなく、「人生どうにかなる、という気持ちがより強くなった」という自分への信頼感なのかもしれません。

文/井上佐保子 写真/PIXTA

ほかの転職経験者のノウハウや専門家からのアドバイスが読みたい人は下記記事一覧をチェック!この連載は、毎週月曜日に公開しています。新しい記事がアップされると更新される下記記事をブックマークしてお楽しみください!
記事一覧ページはこちら ⇒ 【アラサー世代の転職指南塾】

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
就職・転職働き方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 8月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 8月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 7月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ