• ビジネス
  • xTECH
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

パーティーメイクは自分でできる 写真映えテクニック

2017年8月24日

派手過ぎないけど華やか 結婚式やお呼ばれの席にお勧めのメイク

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 結婚式やパーティーなどのお呼ばれの席で、ヘアもドレスもばっちりキメているのに、メイクだけ普段と同じになっていませんか? 「跳ね上げアイライン」「一日中崩れないベース」「ハイライトで写真映え」で、いつものメイクをアップロードしましょう。

オフィスメイクとは違う、写真映え・ドレス映えするメイクを教えます

 ヘア&メイクアップアーティストの菊地身季慧さんは、「ドレスの華やかさに対して、地味過ぎるメイクの人が多い印象。ポイントを絞ってメイクを変えるだけで、ドレス映えする洗練されたメイクに仕上がる」と言います。自己流だと、どうしてもリップやチークを濃くする方向に行きがちですが、全体の印象を華やかにするポイントがあるそうなので、早速教えていただきます!

メイク前の丁寧なスキンケアで一日キレイが続く

 相手に好印象を与えるのは、ポイントメイクよりも肌ツヤ。なるべくお直しで席を外したくないお呼ばれの席では、長時間崩れないメイクが求められます。ヨレ、テカリ、くすみを防ぐには、朝メイクをする前のスキンケアが大切です

 化粧水や美容液、乳液は、それぞれ二度付け、三度付けをして、丁寧に保湿をします。シートマスクやコットンパックをするのもオススメです。肌がふっくらとなるまで保湿をしたら、表面のぬる付きが落ち着いてからメイクを開始しましょう。肌作りを丁寧に行うと、ベースメイクの美しさも持ちも変わってきます

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
菊地身季慧(きくち・みきえ)
ヘア&メイクアップアーティスト。大学在学中に秘書検定1級を取得し、一般企業に勤務した後、メイク&ネイルスクールを卒業。ヘア&メイクアップアーティストとしてテレビ局勤務を経て、エーツーに所属。雑誌や広告、書籍、イベントなどで活躍。エーツースタイリストスクール講師、一般社団法人日本ファッションスタイリスト協会講師。「色・形・素材・内面」を分析し、似合うスタイリングをつくるStylingMapを使ったメイクレッスンも行っている
関連キーワードから記事を探す
メイクアップスキンケア

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 3月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 3月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 2月号

まんが 一生お金に困らない!お金がどんどん増える本

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ