• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

消えない眉、鎖骨テク―夏に使いたいおすすめアイテム

2017年7月27日

プロが勧める4つのアイテム&テクニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 紫外線・汗・ベタつく皮脂……。通勤だけで汗びっしょりになってしまう夏でも、賢くアイテムを使いこなせばキレイがキープできるんです。プロのヘアメイクアップアーティストが厳選した「夏の使えるアイテム」をご紹介します。

1.「あれ、眉尻がない!」を防ぐアイブロウコート

 汗や皮脂の量が増える夏は、気づいたら「眉尻がない……!」なんてことになりがち。眉毛にある程度毛がある人はアイブロウがしっかり密着するので落ちにくいのですが、薄眉の人は落ちやすいので要注意です。そこでおすすめなのが、朝描いた眉を1日キープする「アイブロウコート」。

おすすめアイテム
アイブローコート 1080円(税込)/オルビス
ポイント
朝、眉毛を描いた後に使います

 パウダリータイプのアイブロウ、ペンシルタイプのアイブロウ、眉マスカラなど、どのタイプのアイブロウアイテムと一緒に使ってもOK。眉毛を描いてから、上から毛をなぞるように毛流れに沿ってアイブローコートを塗ります。眉毛が薄い人は、地肌まで塗ってもOK。

 眉尻の横は皮脂が出やすい上、帽子の摩擦によっても眉が消えやすいので、塗っておくと一日安心です。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
菊地身季慧(きくち・みきえ)
ヘア&メイクアップアーティスト。大学在学中に秘書検定1級を取得し、一般企業に勤務した後、メイク&ネイルスクールを卒業。ヘア&メイクアップアーティストとしてテレビ局勤務を経て、エーツーに所属。雑誌や広告、書籍、イベントなどで活躍。エーツースタイリストスクール講師、一般社団法人日本ファッションスタイリスト協会講師。「色・形・素材・内面」を分析し、似合うスタイリングをつくるStylingMapを使ったメイクレッスンも行っている
関連キーワードから記事を探す
メイクアップ旅行・お出かけ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ