• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

小西美穂が「ええかっこ」を捨て、素直な人になれた理由

2018年7月3日

「人はつらい経験をするたびに、他人の心に敏感になれる」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 「news every.」で活躍している日本テレビ解説委員の小西美穂さんは、一見華やかなキャリアを築いてきたようにみえるが、「押しつぶされそうな不安を胸に、夜の街をさまよっていた」経験もある。ある日、いつものようにふらふらと街を歩いていたらラクロス時代の後輩との再会(前回の記事はここまで)。それがきっかけで、小西さんの人生は大きく変わっていったという。なぜ、小西さんは常に謙虚で素直なのか。その秘訣が分かるインタビュー後編。

なぜ、小西美穂さんは常に謙虚で素直なのか

これまでの記事【前編・中編】
不安や焦りに押しつぶされそうになって……小西美穂 「居場所なくなる」不安で街をさまよった夜
心に少しずつ火が灯っていくきっかけが……小西美穂 41歳の一人誕生日と人生が好転する出会い

――トモちゃんとの出会いで小西さんの心に少し変化があったんですね。

 そうなんです。関西出身も同じ、ラクロスで青春を過ごした経験も同じ、誕生日も同じ。そんな共通点と、自分がラクロスで頑張ってきたことが彼女の幸せにつながるきっかけを生んでいたんやな、と素直に優しい気持ちになれました(トモちゃんは、ラクロス男子部の子と結婚していた)。それですっかり気を許した私は、自分が今置かれている状況を洗いざらい話し、弱みもさらけ出しました。「私なんて41にもなって彼氏もおれへんし、番組に出てると言うたって、こんなんでいいんかなーっていつも思ってるんよ」と。

 途端、隣に座っていたトモちゃんの目が光りました。「美穂さん、私、恩返しさせてもらいます」。

 何、何? どうした? と面食らっている私の前でトモちゃんは意気込んでしゃべり続けました。今はジュエリーを売っているが、美容全般に興味があり、昔はメイクブランドで美容部員もやっていたこと。女性として小西美穂を磨き上げて、人生を好転させる手伝いをしたいということ。

 それからトモちゃんは私の出演番組をすべて録画してチェックし、メイクや髪型、服装のアドバイスを細かくしてくれるようになったのです。さらに、トモちゃんは言いました。「美穂さん、長野県にある戸隠神社というパワースポット、行ってみてください。絶対おすすめです」。

 パワースポットと呼ばれる場所に行ったこともなければ興味もなかった私でしたが、その時は「すすめられたことはなんでもトライするキャンペーン」に足を突っ込み始めていた時期です。翌日がたまたま休日だったので、朝には新幹線に乗ってました。

――早い!

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
小西美穂
小西美穂(こにし・みほ)
日本テレビ解説委員・キャスター。1969年生まれ。読売テレビに入社し、大阪で社会部記者を経験後、2001年からロンドン特派員に。帰国後、政治部記者を経て日本テレビ入社。BS日テレ「深層NEWS」ではメインキャスターを約3年半務め、現在は報道番組「news every.」でニュースを分かりやすく解説。関西出身の親しみやすい人柄で支持を集める。著書に「3秒で心をつかみ10分で信頼させる聞き方・話し方」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)
関連キーワードから記事を探す
働き方お仕事術コミュニケーション術人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 8月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 8月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 7月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ