• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日常・非日常の「バッグ使い」で失敗を防ぐ 選び方(3/3)

2017年9月26日

社内移動、会社帰りのイベントや弔事…バッグの選び方、使い方

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

非日常のシーンでも、荷物はできるだけスマートに

 荷物が多くなるシチュエーションの一つとして、業務に関わる弔事などがあります。不幸は突然やって来るもので、「仕事が立て込んでいてそろえられない」「手持ちの派手なバッグでしのごうと思って恥をかいた」なんてことになりかねません。日常的なシーンではありませんが、間違いがあってはならない厳かな場。フォーマルの場でもきちんと感のある女性でいたいものです。日ごろから準備をしておくといざというときにもスマートに対応できます。

 「仕事帰りに告別式に参列することになった」というとき、ブラックフォーマルや靴、バッグといったフルセットを持って出勤するのは大変。これらをスマートに持ち運ぶには、荷物をできるだけ減らすことが肝心です。

スーツは着たまま、ジャケットだけを替える

 弔事の荷物で一番場所を取るブラックフォーマルは、いっそ着て出勤してはいかがでしょうか? といっても、着るのはワンピースやパンツだけ。トップスは、オフィス用にジャケットやカーディガンを羽織りましょう。季節やオフィスのドレスコードにもよるので難しい場合もありますが、着ていくことができれば荷物がグンと減らせます。

選ぶなら、かさばりにくいフォーマルバッグ

 フォーマルバッグも場所を取るものです。もし、新調する機会があるならクラッチバッグを入手するといいでしょう。フォーマルグッズをまとめて持ち運ぶときなども、持ち手が型崩れする心配はなくなります。フォーマルバッグの中には、数珠や香典、白いハンカチをスタンバイさせておきましょう。なお、これらは弔事用のワンセットなので、保管時もそのまま入れておけば置き場所を取らず、一つ一つそろえる手間も省けますよ。

すずまり姉さんの弔事用クラッチバッグは常に香典袋と数珠、ハンカチが一緒に収納されている

フォーマルバッグ専用に、コンパクトなお財布を用意

 フォーマルバッグは小ぶりなので、普段使いのお財布では入らないものもあるでしょう。かと言って、小銭入れにお札を入れるのもスマートとは言い難いもの。せっかくなら、専用のコンパクトなお財布を用意してみては? ちなみに私が愛用しているのは、和光で購入した「三つ折財布」。手のひらサイズながら使いやすいのが魅力です。

すずまり姉さん愛用の「三つ折財布」。入れるのは必要最低限のものだけ

 今回紹介したバッグ選びのコツは、弔事だけでなく、業務でのイベント参加や会社帰りのパーティー参加、プライベートのパーティーといったシチュエーションでも活用できますよ。

多い荷物をスマートに運ぶポイント

◆社内の移動時は、荷物はまとめてバッグに入れる
◆中身が見えるビニールバッグが便利
◆ブラックフォーマルが必要な日は着て出社
◆フォーマルバッグとお財布はかさばらないものを

やる子 「そうか、荷物が多いならスマートに持ち運べる方法を考えるべきってことですね。勉強になるなぁ」

すずまり姉さん 「そういえばこの後、私も会社帰りに法事があるのよね。だからこのワンピースも、実はブラックフォーマルなの」

やる子 「ホントだ! 言われるまで気付かなかった。すずまり姉さんがダークカラーを着てるなんて珍しいと思ったら、そういうことだったんですね」

すずまり姉さん 「そう、いいアイデアでしょ。コーディネートはこーでねーと。なんつって」

やる子 「……それはさておき、お財布をフォーマル専用に、っていうのも、納得がいきました。実は以前、フォーマルバッグにお財布が入らなくて、ジッパー付きの食品保存袋にお金を入れて持っていったことがあるんですよね」

すずまり姉さん 「やる子、それはワイルドすぎるわ……」

 すずまり姉さんも思わずひるむワイルドぶりを見せつけたやる子。でも、これからはきっとスマートに荷物を持ち運べることでしょう。それでは、次回のすずまりメソッドも乞うご期待!

文/石川由紀子 キャラクターイラスト/小迎裕美子 写真/PIXTA

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
鈴木真理子
鈴木真理子(すずき・まりこ)
ヴィタミンM 代表取締役。三井海上火災保険(現三井住友海上)に事務職で入社し、約10年の勤務を経て起業。企業研修やセミナーで3万人以上に指導を行う。ビジネス書作家(日本ペンクラブ会員)としても活動。著書は8冊、累計15万部突破。近著は「仕事のミスが激減する『手帳』『メモ』『ノート』術」(明日香出版社)。江戸っ子言葉でギャグ好きの姉御気質。数多の過ち経験を告白し、ミス、ムダ、残業を減らすヒントを提唱。
関連キーワードから記事を探す
お仕事術働き方就職・転職コミュニケーション術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 11月号

    特集:1年後、私が劇的に変わる!「すごい手帳のコツ300」【特別付録】その1:アフタヌーンティーコラボ オリジナル万年筆 /その2:冊子『まんがで分かる!お金がどんどん増えるルール』」

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 11月号

    特集 ゆがみ解決!たるみも消える!10日間体幹リセットで美姿勢!腹ペタ!別冊付録 脱・むくみ体質 リンパ流しバイブル」

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 10月号

    「日経DUAL」10月号は「ウチの子にぴったりな進路はどれ? 受験&進学総覧」「企業で人生成功させる必須6条件」2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「不妊治療 顕微授精では精子の質的低下を補えない」「伝説のコーヒー店『カフェ・バッハ』女店主が作る子ども向けおやつ」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ