• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

どんなミスで信頼失う? 怖い「リスク予想図」書き方(2/4)

2017年8月22日

ミスが減る程よい緊張感を保つ「リスク予想図」の効果

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

小さなミスで、積み上げてきた信頼を一気に失うことも!

 責任感や緊張感の欠如は、ミスを引き起こす一因。これを繰り返したり、大きな被害にまで及ぶミスだったりすると、「あの人はダメだ」というレッテルを貼られてしまいます。信頼はコツコツと努力して貯金するもの。これがケアレスミスによって一気に失われるなんて、怖いですよね。

忘れ物一つで仕事を干されてしまった……

 私自身、ちょっとした不注意から仕事を失った先輩講師の姿を目の当たりにしたことがあります。

 その一例が、USBメモリーの忘れ物。その人はセミナーを行う際、先方のパソコンを借りてPowerPointを上映しながら講義を行う予定でしたが、USBメモリーを忘れたために、何も上映せずに進行することとなったのです。当然、パソコンやプロジェクターを用意した先方の役員はお怒り。手配した研修会社に「あの講師はもう寄越すな」とのクレームが入り、先輩講師の仕事は減ってしまったのでした。

請求書の額面を間違えば、会社に与える被害は甚大!

 もう一つ例を挙げるなら、お金に関わるミスでしょうか。

 例えば、ケアレスミスで取引先に払うべき金額を一桁間違えたとします。本来なら20万円のところ、200万円を振り込んでしまった……! そうなると謝罪の上、回収が必要となりますが、もし回収できなかったら損失は180万円。回収できたとしても信頼は失われるので、最悪、取引停止となる可能性もあります。

 このように、ちょっとしたミスが取り返しの付かない大事につながるケースは、決して少なくありません。だからこそ、普段から「リスク予想図」を意識していただきたいのです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
鈴木真理子
鈴木真理子(すずき・まりこ)
ヴィタミンM 代表取締役。三井海上火災保険(現三井住友海上)に事務職で入社し、約10年の勤務を経て起業。企業研修やセミナーで3万人以上に指導を行う。ビジネス書作家(日本ペンクラブ会員)としても活動。著書は8冊、累計15万部突破。近著は「仕事のミスが激減する『手帳』『メモ』『ノート』術」(明日香出版社)。江戸っ子言葉でギャグ好きの姉御気質。数多の過ち経験を告白し、ミス、ムダ、残業を減らすヒントを提唱。
関連キーワードから記事を探す
お仕事術働き方就職・転職コミュニケーション術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 8月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 8月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 7月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ